牛久大仏に上ってきた。 sanpo
(^x^)こんばんは。MANIERAです。
日本最大の牛久大仏を見てきたので、紹介します。
*撮影は一月上旬です。



e0169130_3581660.jpg
01
車で走っていると、突然、遠くの森の中から大仏の上半身が見えました。
牛久大仏は、東京都心から約70kmの、茨城県牛久市の郊外にあります。

電車利用ならば、牛久駅からバスで約30分、
高速道路利用ならば、圏央道の阿見東インターチェンジから約3分の距離です。







e0169130_346459.jpg
02
浄土真宗 東本願寺派 本山 東本願寺の
牛久浄苑という大きな霊園の中に、大仏のある庭園があります。
大きな無料駐車場に車を停めて、拝観料を払って入場します。

大仏の内部にも入れる拝観料は、
4-11月は大人800円、子供400円、
12-3月は大人700円、子供400円です。

中には、大きな庭、池、小動物公園があります。
冬は庭に花も無いので、少し料金が安いのかもしれません。






e0169130_3461621.jpg
03
入場口から少し歩くと、門があるので、くぐってみます。
この日は風が結構強くて寒かったです。






e0169130_3463220.jpg
04
正面に全高120mの牛久大仏が見えました。
後ろに見える高圧電線が妙に低く見えますね。
気のせいか、蓮の花の根元がキラキラ光って見えます。

大仏の高さの内訳は、白い台座と蓮の花の台座が 各々10m、仏像自体の身長は100mです。
因みに奈良の大仏は約15mで、こちらの大仏の手のひらに乗ってしまうそうです。
http://www.ushikukankou.com/images/ushikudaibutsu/hikaku.jpg





e0169130_3464383.jpg
05
ふっくらした右手を見ると、とても繊細な造形をしていますね。
胸の部分に3箇所、スリット状の窓がありますが、ここまでエレベーターで昇ることが出来ます。

因みに 50-100年後には、青銅が変色して、
今の色から、鎌倉の大仏のような淡い緑色になるらしいです。






e0169130_3465981.jpg
06
背中側にも小さな窓がありますね。
そして、視線を下の台座に移すと...






e0169130_3471152.jpg
07
蓮の花の下の白い台座には、大仏内部への入り口があります。
中は土足禁止なので、入り口で、ビニール袋を貰って、脱いだ靴を入れて持ち運びます。

因みに大仏の中にはトイレが無いので、先に済ませておきましょう。^^





e0169130_3472669.jpg
08
真っ暗な入り口から中に入ると、微妙な感じ(^^;)の 「光の世界」が広がります。
さらに写真のようにライトアップされた部屋を通り抜けて、2階に上ります。






e0169130_3474781.jpg
09
2階に上がると、急ごしらえの展示室のような部屋に入ります。







e0169130_348191.jpg
10
建設途中の写真がありました。
高層ビルと同様の カーテンウォール工法で組み立てられたそうです。

まず大きな鉄骨で基本の骨組みを作り、そこに青銅パネル付きの小さな鉄骨構造を
クレーンで持ち上げて組み立てています。建設には4年程度かかったようです。






e0169130_348151.jpg
11
左手の骨組みの模型が展示されていました。
メカニカルで格好良いですね。

大仏の施工を担当したのは、明石海峡大橋や、レインボーブリッジ等を作った
川田工業(KAWADA INDUSTRIES, INC.)です。

この会社は、最近、2足歩行ロボットも開発しているので、
大仏もそのうち動き出すかも知れません。^^;
http://www.kawada.co.jp/mechs/index.html






e0169130_3482879.jpg
12
右足親指の先端の実物大模型も展示されていました。
では、エレベーターに乗って、地上85メートルまで昇ってみましょう。






e0169130_3484315.jpg
13
エレベーターが最上階に着くと、意外と こじんまりした部屋に出ました。
仏舎利も展示されていたらしいのですが、全く気付きませんでした。^^;
奥の方に3つの窓があるので覗いて見ましょう。






e0169130_3485862.jpg
14
先程通ってきた門が小さく見えますね。
人の大きさから、結構な高さなのが分かります。






e0169130_3491349.jpg
15
こちらの窓からは富士山が見えるらしいのですが、
曇っていて見えませんでした。目の前に関東平野が広がります。







e0169130_3492760.jpg
16
下りのエレベーターで、3階まで降りてくると、「蓮華蔵(rengezou)世界」と称する部屋に出ました。
環状の壁の棚を埋め尽くすように小さな仏像が見えます。

これらは胎内仏(=仏像の中にある仏像)で、内部に7名までの戒名を収めて、供養する物のようです。
手前の右側の小さな物は30万円、 左の大きな方は100万円だそうです。






e0169130_3494933.jpg
17
2階に降りてくると、ライトテーブルが並んだ、
写経(hand-copying of sutras)の出来る場所がありましたが、
この時は、写経をしている人は誰もいませんでした。






e0169130_350499.jpg
18
お正月に書初め大会があったようで、壁に習字が飾ってありました。
殆どの人は、まじめに書いたようですが、中にはアニメのキャラクターを
描いた者もいたようで、罰が当たらないか心配です。^^;






e0169130_3501750.jpg
19
白い台座の部分に出る事も出来ます。蓮の花の横には地面からは見えないように
エアコン室外機や電気設備が設置されていました。






e0169130_3503564.jpg
20
蓮の花の部分に金箔が貼ってありました。
受付で金箔を買って貼る事が出来るようです。
ちょっとクリムトの絵のようで綺麗ですね。^^






次回は、大仏の隣にある小動物公園に行ってみます。
(^x^)続く。





*******


【牛久大仏のデータ】

地上高120m、本体主鉄骨3000t、外被銅板重量1000t
1989年着工、1992年11月完成、一般公開は1993年7月。
牛久大仏は、青銅製の立像としては世界最大で、ギネスブックにも載っているそうです。

2008年にミャンマーで 全高129mの釈迦立像が完成するまでは、
仏像としても世界一の高さでした。因みに、ミャンマーの大仏は、コンクリート製のようです。
参考写真>
http://www.travelblog.org/Photos/3977935
[PR]
by maniera | 2010-03-10 00:07 | photos
<< リスとウサギの小動物公園 【彩初窯市】 笠間の陶器市 >>


ブログパーツ
カテゴリ
全体
photos
news
enjoy_archives
    _【自転車でGO】
    _【コンビニおやつ】
    _【コンビニごはん】
    _【旅行記】
    _【グルメ】
未分類
タグ
(48)
(40)
(31)
(30)
(19)
(18)
(10)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
最新の記事
ブログを引っ越しました。
at 2010-12-05 03:37
夏の花 2010
at 2010-09-30 23:56
吉野家の牛鍋丼を食べてきた。
at 2010-09-08 01:24
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-31 23:50
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-21 01:50
【お知らせ】
■20101204
こちらのブログは、Googleのブログ、Bloggerへ引っ越しました。新URLはこちら>  http://blog-maniera.blogspot.com/


■20091129
2009年6月以降の記事は、「カテゴリ」を全てphotosにしています。
「タグ」や「以前の記事」をクリックすると、タイトル一覧が表示されるので、こちらの方が見易くなっています。


■20090526
enjoyの記事の再掲載は全て完了しました。これ以降は、オリジナルの記事を載せていきます。





Link
 kon's blog
 blade's blog ('-')v



Total: 無料・カウンター
Today:
Yesterday:
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧