【鎌倉】2.由比ガ浜から鎌倉大仏へ
(^x^)こんにちは。MANIERAです。

6月中旬、鎌倉のアジサイ等を見てきたので3回に分けて紹介しています。
第2回目は 鎌倉大仏へ向かいます。

【解説】
 鎌倉(Kamakura)とは、東京から南南西に、電車で約1時間の距離にある海沿いの地域です。
 12世紀末から1333年まで幕府が置かれ、武家による政治・文化の中心地でした。




e0169130_1985242.jpg
01
成就院(Jojuin)を後にして、道なりに歩いてゆきます。
ふと右を見ると、すぐ近くに海が見えました。 ちょっと行って見ましょう。






e0169130_199833.jpg
02
由比ガ浜(Yuigahama)の海岸です。 目の前に太平洋が広がります。
砂浜に海草が打ち上げられています。






e0169130_199187.jpg
03
夏のような天気の海岸に 穏やかな波が打ち寄せます。






e0169130_1992810.jpg
04
3人くらいサーフィンをやっている人がいました。
気持ち良さそうです。^^






e0169130_1993825.jpg
05
海を後にして、江ノ電(Enoden)の踏み切りを越えて、北の方に向かいます。
この踏み切りのすぐ隣には、長谷(Hase)駅がありました。






e0169130_1994910.jpg
06
通りのお店の暖簾が金魚の模様で可愛いですね。






e0169130_1910249.jpg
07
長谷駅から歩いて10分程度で、大仏で有名な高徳院(Koutokuin)に到着します。
正面の門は、仁王門です。






e0169130_19101261.jpg
08
仁王門から境内を覗いてみると、前方の門の上に、大仏の頭が少しだけ見えました。






e0169130_20573663.jpg
09
券売所で、拝観料200円を払って中に入ります。
手水舎で、手と口を清めましょう。






e0169130_19103213.jpg
10
境内を進んで行くと、すぐに大仏の前の広場に出ます。
階段で遠足の子供達が、記念撮影をしていますね。






e0169130_20575398.jpg
11
鎌倉の大仏は、国宝に指定されています。
そして、屋根の下ではなく、野外に座っています。

元々、大きな建物の中にあったそうですが、
建物は度重なる台風や地震などの災害で損壊したそうです。






e0169130_19105718.jpg
12
また別の小学校の遠足のグループがやって来ました。
昔から、なぜか遠足で木刀を買ってしまう子がいますよね~。^^






e0169130_1911916.jpg
13
現在の鎌倉の大仏は2代目で、1252年に作り始めたようです。
1243年に完成した初代の大仏は木造でしたが、災害で失われたようです。

鎌倉の大仏は、台座を含めて13.35mの高さで、体重は121t。
(1961年にジャッキで持ち上げて、秤を入れて計ったそうです)

因みに、奈良の大仏は、台座を含めて18.03mの高さで、
体重は250tになるそうです。






e0169130_19112641.jpg
14
大仏の前方の左右に、青銅製の蓮のオブジェがあります。
なんとなく岡本太郎の彫刻を思い出します。^^






e0169130_19114037.jpg
15
大仏の前にある球状の香炉は、モダンなデザインですが、
江戸時代に豪商が寄進したそうです。






e0169130_19115143.jpg
16
大きなわらじが奉納されていましたが、
どうも大仏には小さいような気がします。^^






e0169130_191238.jpg
17
鎌倉の大仏は、少し猫背で、全体に丸みを帯びた造形で、
柔らかくて優しい感じがします。

背中に扉がついていますが、これは鋳造後に
中子を出すために使われたようです。
中子(なかご)とは、中空の鋳物を作る時に使われる
内側の型。 英語では"core"。

右端の男性二人が座っているのは、
昔、大仏を収めていた大きな建物の礎石らしいです。






e0169130_19121574.jpg
18
大仏の背後に、青銅の蓮の花弁が置いてあります。

江戸時代に32枚の製作が計画されたそうですが、完成したのは
4枚だけで、表面に寄進者の名前が書いてあります。

左に見える、小さな小屋の係の人に20円払うと、
大仏の中に入る事が出来ます。 ちょっと入ってみましょう。





e0169130_19122938.jpg
19
小屋の脇から一旦地下に潜って、狭い階段を上ると大仏の中です。
中は狭く、一度に30人位しか入れませんし、特に何もありません。

しかし、内側から見ると、何回もに分けて鋳造した様子が分かります。
因みに、上の大きな穴が首の部分で、茶色いのは50年程前にFRPで補修した跡です。
内側から表面を触ると、陽の光を受けて、大仏は ほんのり暖かかったです。


大仏の鋳造方法は、下記のリンク先ページの一番下の「鋳造方法」の画をクリックして、
アニメーションを見て下さい。 背中の扉の役目が良く分かります。

日本語>http://www.kotoku-in.jp/characteristic.html       
英語 >http://www.kotoku-in.jp/en/about/characteristic.html






e0169130_19124243.jpg
20
当時は金箔で覆われていたようですが、現在では微かに、
頬の辺りに その痕跡が認められるだけです。






e0169130_19131948.jpg
21
高徳院を出ると、外国人観光客が喜びそうな土産物店がありました。
忍者の手裏剣などと一緒に、なぜか、西洋の兜や剣も大量に売っています。^^;






e0169130_19133262.jpg
22
別のお店の店先では、小さい大仏が沢山座っていました。






e0169130_19134378.jpg
23
とても暑い日だったので、いも吉館(imo yoshi yakata)という、
サツマイモの菓子の店で、紫芋とバニラの
2色のソフトクリームを買いました。 295円。

白い方は普通のバニラですが、紫色の方はサツマイモの香りがして
なかなか美味しかったです。^^






(^x^) part3に 続きます。


















[PR]
by maniera | 2010-06-24 17:02 | photos
<< 【鎌倉】3.長谷寺の紫陽花 【鎌倉】1.成就院のアジサイ >>


ブログパーツ
カテゴリ
全体
photos
news
enjoy_archives
    _【自転車でGO】
    _【コンビニおやつ】
    _【コンビニごはん】
    _【旅行記】
    _【グルメ】
未分類
タグ
(48)
(40)
(31)
(30)
(19)
(18)
(10)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
最新の記事
ブログを引っ越しました。
at 2010-12-05 03:37
夏の花 2010
at 2010-09-30 23:56
吉野家の牛鍋丼を食べてきた。
at 2010-09-08 01:24
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-31 23:50
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-21 01:50
【お知らせ】
■20101204
こちらのブログは、Googleのブログ、Bloggerへ引っ越しました。新URLはこちら>  http://blog-maniera.blogspot.com/


■20091129
2009年6月以降の記事は、「カテゴリ」を全てphotosにしています。
「タグ」や「以前の記事」をクリックすると、タイトル一覧が表示されるので、こちらの方が見易くなっています。


■20090526
enjoyの記事の再掲載は全て完了しました。これ以降は、オリジナルの記事を載せていきます。





Link
 kon's blog
 blade's blog ('-')v



Total: 無料・カウンター
Today:
Yesterday:
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧