<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
【鎌倉】 円覚寺の紅葉

(^x^)こんばんは。MANIERAです。

12月の上旬に、神奈川県鎌倉市の円覚寺(Engakuji)
紅葉を見てきたので、紹介します。



e0169130_2312025.jpg
01
JR横須賀線の北鎌倉駅で下車しました。

ホームの端に臨時の出口があって、駅舎に行かずに外に出られました。
駅の周囲は、静かで、のんびりした雰囲気です。






e0169130_231417.jpg
02
駅から線路脇の道路を歩くと、約1分で円覚寺の階段の前に出ます。
階段を上って総門をくぐると、受付があるので、拝観料300円を払います。

円覚寺は、禅宗の一派、臨済宗のお寺で、
1282年に、鎌倉幕府の執権、北条時宗によって作られたそうです。






e0169130_2315161.jpg
03
さらに階段を上がると、山門(main gate of a Buddhist temple)が あります。
夏目漱石の小説「門」に出てくる山門のモデルだそうです。

こちらのお寺は、何度も火事や震災に遭っていて、
この門も1785年に再建された物です。

☆ 門の前の立て札には、「山門」と書かれていましたが、
 案内看板には「三門」と書かれていました。どちらの書き方でも良いようです。







e0169130_232298.jpg
04
立派な柱ですね。
山門の柱の下は、丸い礎盤(soban)、四角い礎石(soseki)の順番で構成されています。
柱と礎盤、礎石は各々固定されておらず、乗っているだけです。

これには、地面に柱を立てた場合より、柱が腐りにくくするのと、
地震の際に揺れを吸収するという利点があるそうです。






e0169130_2321144.jpg
05
山門の正面にあるのは、仏殿です。

山門をくぐったら、娑婆世界を断ち切り、
清淨な気持ちで、仏殿をお参りしなければならないそうです。






e0169130_2322358.jpg
06
仏殿は円覚寺の本尊をまつっている建物で、
震災で倒壊しましたが、1964年に再建されました。






e0169130_233967.jpg
07
紅葉した木が見事ですね。
門の奥には、国宝の舎利殿(syariden)がありますが、普段は入れません。
正月の3日間と、11月3日前後に、拝観できるそうです。







e0169130_2331781.jpg
08
紅葉の横では、牡丹が咲いていました。






e0169130_233265.jpg
09
日本では12月は、法師も走るという「師走(shiwasu)」とも言いますが、
本当にお坊さんが走っていました。^^






e0169130_2333783.jpg
10
土塀の屋根の上にも 葉が降り積もります。






e0169130_2334634.jpg
11
手水鉢に紅葉の葉や赤い実が沈んでいます。






e0169130_2335661.jpg
12
雨上がりの石畳に、センリョウ等の赤い実が映えます。






e0169130_234425.jpg
13
お寺の一番奥にある、黄梅院(Oubaiin)に夕日が差します。
軒下に小さな鐘がぶら下がっていますね。






e0169130_234157.jpg
14
正面は、黄梅院の観音堂です。
周りの小さな庭には、色々な木々が植えられています。






e0169130_2342810.jpg
15
庭には、緑の苔石の上に、落ち葉が厚く降り積もっています。






e0169130_2343888.jpg
16
参道を下ってゆくと、お坊さんがお坊さんの記念写真を撮っていました。^^
法衣が格好良いです。






e0169130_2344867.jpg
17
杖をつき、茶人帽(chajinbou)を被ったご老人が歩いていました。
私はTVの時代劇等でしか見た事がありませんでしたが、とても風流ですね。






e0169130_235683.jpg
18
仏殿の北側の丘の上にある龍隠庵(ryu in an)からの眺めです。
円覚寺は、17の塔頭(tattyuu= 寺の敷地の中の小さな寺)を有しているそうです。






e0169130_2345710.jpg
19
龍隠庵からも、お坊さんが走り出てきました。^^






e0169130_2352067.jpg
20
12月なのに、境内に桜の花が咲いていました。

調べると、十月桜という種類のようで、
10月から1月、3月から4月の、年に2回咲くそうです。
十月桜の学名: Prunus × subhirtella cv. Autumnalis



*****



毎年、1月1日から3日まで国宝の舎利殿が拝観できるそうなので、
お近くの方は、初詣などで訪れてみてはいかがでしょうか。

(^x^)おしまい。








【鎌倉 年末年始情報】

 12月31日22:00~1月1日17:00と、
 1月2日と3日9:00~17:00は鎌倉市内中心部への車の乗り入れが出来ません。

 中心部へ通じる交差点では、迂回の規制がされます。
 歩行者用道路には、自転車(軽車両)の乗り入れもできません。

[PR]
by maniera | 2009-12-31 00:30 | photos
神宮外苑の銀杏並木

(^x^)こんばんは。MANIERAです。

11月下旬に、東京都新宿区(一部は港区)にある
明治神宮外苑の 銀杏並木を見てきたので、紹介します。




e0169130_21255641.jpg
01
東京メトロ銀座線の青山1丁目駅から地上に出ました。
駅から、神宮外苑の方に向かう人が結構多かったです。






e0169130_21263956.jpg
02
途中で、FIAT SPACEと書かれたビルを発見。
中を見てみると...。






e0169130_21264993.jpg
03
沢山のオレンジの模様で装飾されたFiat500が置いてありました。
イタリアの家電メーカーDeLonghiとのコラボレーションのようです。

車は販売してないようですが、FIATのグッズが色々売っていました。
Fiat500のミニカーが安かったので、思わず衝動買い。^^;

こちらはイタリアの自動車メーカーFIATのアンテナショップで、
2階にはカフェもあるようです。
 http://fiatcaffe.jp/






e0169130_2127084.jpg
04
青山2丁目の交差点(T字路)に到着。
写真を撮っている人がいますね。

左右方向の道路が、国道246号線(青山通り)、
正面方向の並木道が、都道414号線になります。







e0169130_021788.jpg
05
有名な神宮外苑の いちょう並木です。
正面奥に見える建物は、聖徳(seitoku)絵画館です。

並木道は、手前から奥の方に、1mの下り勾配になっています。さらに、手前が一番高い木、
奥に行くに従って、段々低い木になるように植えられていて、遠近感を強調しているそうです。






e0169130_21272128.jpg
06
歩道から人々が溢れているようです。^^;






e0169130_21273253.jpg
07
並木の入り口で、柿を売っていました。

紙には 「甘い甘い柿 8個で300円」と 書いてあります。
小さい子供は、待ちきれないようです。^^






e0169130_21274256.jpg
08
こちらも人だかりがしていますが...。






e0169130_21275236.jpg
09
石焼芋でした。 とても美味しそうです。

丸のままではなくて、小さく切って売っているようです。
値段は見えなかったので不明です。






e0169130_2128450.jpg
10
並木の入り口では、小さい子供が落ち葉を集めては
空中に投げて遊んでいます。^^






e0169130_21281694.jpg
11
並木道の歩道は、この様な状態で、大変混雑しています。
奥の方へ進んでみましょう。





e0169130_2128287.jpg
12
綺麗な模様のベンチですね。
所々にベンチがあって、休むことが出来ます。







e0169130_21284041.jpg
13
いちょうの葉は丁度良い色に染まっています。
銀杏の木は、4年ごとに剪定作業を行って、円錐形の形を保っているそうです。






e0169130_21285239.jpg
14
歩道ではない木の間には、落ち葉が沢山積もっています。
こちらでも子供達が落ち葉で遊んでいました。






e0169130_2129185.jpg
15
カフェの前で記念写真を撮る人や、犬の散歩をする人も。






e0169130_21291219.jpg
16
そうする間も、カフェのパラソルには、落ち葉が降り積もります。






e0169130_21292310.jpg
17
説明によると、こちらの いちょうの木は、9m間隔で、全部で300本。
この場所には1923年に植えられ、当時は6m程度の高さだったそうです。

現在は樹齢も100年になり、大きい木は、高さ24m(目通り周り2.8m)
小さい木は、高さ17m(目通り周り1.8m)の大きさになっています。

解説 【目通り周り】
地面から1.2mの高さでの、樹木の幹まわりの周長のこと。




*****



毎年、11月下旬から12月上旬まで、いちょう祭りも行われています。
今回は見られませんでしたが、大道芸が行われたり、屋台も沢山出るそうです。

(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-12-24 17:37 | photos
【ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ】 国立新美術館のレストラン

(^x^)こんばんは。MANIERAです。

去る12月14日まで、東京都港区六本木の国立新美術館で、ハプスブルク展が行われました。
http://www.habsburgs.jp/

展覧会を見た後に、美術館の中のレストラン、
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
に、行ってきたので、紹介します。





e0169130_111056.jpg
01
場所は国立新美術館の円錐の上(3階)です。 空中に浮いているような雰囲気ですね。

☆ ちなみに ハプスブルク展は、webでの事前情報では、空いていて 待ち時間0との事でしたが、
実際には入場15分待ちの行列、人気の絵の前では見えるのは前の人の頭ばかり...という状態でした。;;







e0169130_111658.jpg
02
websiteを見ると、PAUL BOCUSEの店の中では、こちらは
「レストラン」ではなく、「ブラッスリー」という位置付けになっています。

ブラッスリー(Brasserie)は 手頃な価格で気軽に楽しむ店で、
フランスと日本に 合計6店あります。

一方、レストランは、正統フランス料理の店で、フランスと日本に 各1店しかありません。
☆フランスの本店 「PAUL BOCUSE」は、44年間、三ツ星を取り続けているそうです。






e0169130_1111163.jpg
03
美術館が閉館する18時に、3人で入店。 円周外側の席でした。
ランチの時間などは、とても混むようですが、この時間はゆったりしていました。

コースは、下記の3つありましたが、お酒を飲むという事もあり、全員、プリフィクスにしました。
(プリフィクスは、前菜、メイン、デザートを、各々、何種類かある中から、一皿ずつ選びます。
料理によっては、数百円加算されます。)


* トラディションメニュー(MENU TRADITION PAUL BOCUSE) 7350yen
* THEハプスブルク展の特別メニュー            5800yen
* プリフィクス ディナーコース(DINER PRIX FIXE) 2860yen





e0169130_192230.jpg
04
食前酒は、シャンパン(Demoiselle)を ボトルで頼みました。
細かな泡が綺麗ですね。^^






e0169130_1112347.jpg
05
アミューズ(amuse =突き出し)に、コルニション(cornichon)が出てきました。

酸味のある 3-4cm位の可愛いピクルスで、パリパリしています。
英語では gherkinと言うそうです。






e0169130_1113080.jpg
06
こちらもアミューズの皿。

バゲットをかりっとトーストした物と、豚肉のペースト(レバーペースト?)だったかと思います。
カナッペにして いただきます。^^







-----ENTREE-----
---前菜---






e0169130_1113747.jpg
07
- Fricassee de Champignons Sauvages et de Ris de Veau -
- 野生キノコとリ・ドゥ・ヴォーのフリカッセ -


前菜は、4品から選べますが、一人が、こちらを選択。
彩りも綺麗ですね。おいしそう。

【リ・ドゥ・ヴォー Ris de Veau】: 子牛の喉肉。
【フリカッセ fricassé】: 基本的には、白身の肉を小麦粉や
生クリームを使って白く仕上げる料理法。







e0169130_1114569.jpg
08
- Pave de Terrine de Cannard aux Pistaches,Salade,Pruneaux -
- 鴨のテリーヌのパヴェ、ピスタチオ風味、サラダとプラムと共に -


私と もう1名は こちらを選択しました。
濃厚な風味の鴨のテリーヌの中に緑色のピスタチオが入っています。
プラムの甘酸っぱいソースとも良く合います。

【テリーヌ Terrine】:型を使って、魚介類や野菜などを固めて形作った料理のこと。
【パヴェ Pave】: 敷石・石畳の意味。 四角い形のお菓子などにつける名前。







e0169130_1115020.jpg
09
メインの前に小ぶりなバゲットが、ぴったりサイズの
可愛いカゴに入って出てきました。






e0169130_1115545.jpg
10
ワインの白と赤をデカンタで頼みました。
銘柄は忘れましたが、レシートには、
白はPicpoul、赤はL'Heraultと書いてありました。







-----POISSON ou VIANDE-----
---メインディッシュ---






e0169130_11205.jpg
11
- Filet de Daurade a la Plancha,Epinards Sautes,Sauce Duglere -
- 真鯛ロースト ほうれん草のソテー添え デュグレレ風ソース -


メインディッシュは 3人とも別の物にしました。
私は、魚の気分だったので、真鯛ローストを注文。

綺麗な色にローストされた真鯛に、トマトの入ったホワイトソースがかかっています。
程良い火の通り加減の真鯛と濃厚なソースの取り合わせが、ワインと良く合います。美味しい。^^

【デュグレレ Duglere】: 19世紀の有名なフランスの料理人の名前。
例えばスズキのデュグレレ風は、スズキを蒸して、
周りのソースに粗く刻んだトマトを煮詰めたものをかけた料理。







e0169130_11255.jpg
12
- Noix de Coquilles Saint-Jacques Poelees et Risotto -
- 活帆立貝のポワレ リゾット添え -


綺麗な焼き色の帆立を周囲に配し、中央には半熟の玉子、
その下にはリゾットが添えられています。
食べる前に半熟の玉子を崩してから、いただきます。

【ポワレ poler】: バターや油を使ってフライパンで蒸し焼きすること。水分を加えない調理方法。






e0169130_1121194.jpg
13
- Cote de Porc Rotie,Etuvee de Broccoli au Bacon,Sauce Charcutiere -
- 豚ロース肉のロースト ベーコンの香りをつけたブロッコリーのエチュベ添え
ソース・シャリキュティエール -


とても柔らかそうな お肉にブラウンのソースがかかっています。
少し分けてもらいましたが、噛むほどに肉の旨味が口の中に広がります。^^

【エチュベ Etuvee】: 水や出汁をほとんど加えず、素材が持つ水分を生かした蒸し煮料理。
【ソース・シャルキュティエール sauce charcutiere】: 豚肉加工品を中心に取り扱う惣菜屋風のソース。







e0169130_1122155.jpg
14
デザートの前に、チーズを頼みました。
ギャルソン(garcon)が、どのチーズが良いか、見せてくれましたが、
決められず、全種類少しずつもらう事に。^^






e0169130_1122680.jpg
15
後ろのオレンジのはミモレット(Mimolette)で、よくカラスミのような味と表現されますね。
左のチーズは、周りに香草(rosemary?)が付いています。
他のもう一皿の方の、白いチーズが クリーミーで気に入りました。







-----DESSERT-----
---デザート---






e0169130_1123040.jpg
16
- Creme Brulee Speciale "Paul Bocuse" -
- ”ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ -


私は、デザートにクリームブリュレを選択。

表面は綺麗な色に焼き色が付いていて、スプーンを軽く当てると硬い音がする位です。
写真で見ると暖かいお菓子に見えますが、実際は程よく冷えています。

表面を割ると中はふんわりしたクリーム状で、底には、
バニラビーンズの黒い粒が沢山見えました。 美味しい。^^

【クレーム・ブリュレ Creme Brulee】:フランス語で「焦がしたクリーム」という意味。
表面に赤砂糖をふって焦がした、卵黄を使ったカスタードプリン状の菓子。







e0169130_1123567.jpg
17
- Gaufres Grand'mere -
- 昔ながらのゴーフル "グランメール" -


もう一人は、ゴーフルを選択。 お好みでホイップクリーム、チョコレートソース、
林檎のコンフィチュールをかけていただきます。

これも少し分けてもらって、ホイップクリームでいただきましたが、
ふわっとして美味しかったです。^^

【ゴーフル gaufre】: フランス語でワッフル(waffle)のこと。
【コンフィチュール confiture】:ジャムを作るときのようにゆっくりと煮込んで素材の甘みを出したもの。







e0169130_1124138.jpg
18
デザートには、私はコーヒーをいただきましたが、
一人が甘口のワイン(Pacherenc du Vic)を注文。
コーヒーは普通でした。^^;






e0169130_1124778.jpg
19
私はもう飲めませんでしたが、一人が食後酒(Digestif)に、コニャックを注文。

A.E.DOR CIGAR 2500yen
A.E.DOR EMBLEM 1800yen
A.E.DOR V.S.O.P 1200yen

どれにするか迷っていたら、ギャルソン(garcon)の提案で、
3種類少しずつもらう事に。 ちょっと、試飲会のようですね。^^;






e0169130_1125327.jpg
20
まったりしていたら、いつの間にか、閉店の21:00の少し前です。
既に、他のお客さんは帰ったようです。^^;

もう少し長居したい所ですが、もうそろそろ帰りましょう。
因みに、この時間にはエスカレーターが停まっているので、
エレベーターで1階まで降りて、美術館の正門から外に出ます。


気になる お会計は、お酒も入れて、3人で24000円程度でした。







眺めもとても良く、お手頃なコースもあるので、
展示会を見た後などに、一度訪れてみるのも良いかもしれません。^^
(^x^)おしまい。







【参考】
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
営業時間 11:00-21:00(金曜のみ22:00まで)
火曜日定休
http://www.paulbocuse.jp/musee/
[PR]
by maniera | 2009-12-18 20:10 | photos
【東京モーターショー2009】 4of4 (ヤマハ・SUZUKI・ホンダ)
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

去る10月23日から11月4日まで、第41回東京モーターショーが行われました。
4回に分けて紹介していますが、最終回は西ホールの展示を紹介します。




e0169130_035587.jpg
01
西ホールは、バイクメーカーが集まっていました。
ヤマハ発動機(Yamaha Motor)のブースは、毎年 美術館を思わせる展示で綺麗です。





e0169130_0419.jpg
02
ヤマハの電気バイクのコンセプト、EC-fです。
カタツムリに似ていますね。





e0169130_04751.jpg
03
新しくなったV-MAXです。壁際には、デザイン途中の クレイ(粘土)モデルも展示されていました。






e0169130_041289.jpg
04
ヤマハのブースなのにLEXUS LF-Aのレースカーが、ありました。






e0169130_04173.jpg
05
その後ろに展示されていたのは LEXUS LFA 開発用プロトタイプエンジンです。

LF-Aのエンジン開発にヤマハ発動機が協力したようです。
また、エンジン音のチューニングに、楽器メーカーのヤマハ株式会社が協力したそうです。





e0169130_042135.jpg
06
ヤマハは何年か前に電気バイクを販売していましたが、電池の不具合で中止になっていました。
またこのEC-03のような機種で再参入するようです。






e0169130_042611.jpg
07
横から見たヤマハの受付のお姉さん。
ずっと姿勢を良くしていないと いけないので、とても疲れそうですね。^^






e0169130_043229.jpg
08
こちらは台湾のバイクメーカーのKIMCOのスクーター MANY50です。
スペアタイヤがとても小さいですね。^^
ランプやメーターの周りがキラキラしていますが...



e0169130_043826.jpg
09
色んなところにラインストーンが貼ってありました。^^
エンジンカバーも花の模様にラインストーンが。
たぶん、ショー用の飾りだと思います。




e0169130_0443100.jpg
10
BRP社の3輪バイク、Can-am Spyder Roadsterです。
創立者のBombardierさんは、
カナダで世界初のスノーモービルを発明した人だそうです。

この会社は現在、スノーモビルや水上バイクも作っていて、このバイクにもそのテイストがあります。
実車を見ると、隅々まで気を使って造形されており、とても格好良いです。





e0169130_044827.jpg
11
SUZUKIのブースです。
右は昔のAlto、左が新型Altoです。





e0169130_045378.jpg
12
Altoの前のコンパニオンさん。
他にも3人くらいステージにて、観客が絶えません。^^




e0169130_045761.jpg
13
新型車のSUZUKI Kizashiです。
事前には出展予告されていなかったらしく、結構注目されていました。

結構がっしりしたイメージでVWのセダンを思わせます。
なぜか、日本では受注販売との事です。




e0169130_05213.jpg
14
ホンダのブースです。
SUZUKIもそうでしたが、今年は2輪と4輪が一緒のブースに置いてありました。



e0169130_058100.jpg
15
ホンダの小型電気自動車 EV-Nです。

とても小さいですが、4人乗りです。
昔のホンダN360という軽自動車を連想させます。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Honda_N360_001.JPG




e0169130_051289.jpg
16
イスの柄が簡単に変えられるようです。
ドアの中に、8の字の形の物体が埋め込まれていますが...






e0169130_051820.jpg
17
ドアの中にあった 8の字の物体は、この一輪車、U3-Xでした。
ホンダのロボット、ASIMOのバランス制御の技術を使っているようです。





e0169130_055915.jpg
18
このように座って、行きたい方向に少し体重移動すると、そちらに進みます。
前後はもちろん、真横や斜めにも進みます。
誰も座ってなくてもスイッチを入れれば自立します。





e0169130_06597.jpg
19
一輪車は、こんなテディーベア風の表皮を被せたバージョンもありました。






e0169130_061051.jpg
20
ホンダ SuperCubの電気バイク、EV-Cubです。
これはモックアップのようですが、なかなかおしゃれで、このまま商品化されれば かなり売れそうです。






e0169130_061692.jpg
21
こちらは電気スクーターEVE-neoで、近い将来市販されそうな感じです。
しっかりした荷台が付いているので新聞配達に良さそうです。





e0169130_062242.jpg
22
CR-Zのコンセプトカーですが、近々市販されるようです。




e0169130_062751.jpg
23
ドアの白い鉄板部分を見ると、コンセプトカーではなくて、既に量産車のように見えます。





e0169130_063239.jpg
24
これは、最近のホンダのヒット商品、ミニ耕運機 Pianta FV200です。
家庭菜園用で約10万円ですが、半年で6000台売れたそうです。

左下の、カセットガスボンベで動作します。
また、このカセットガスを使った発電機 enepoの発売も予定されているようです。
http://www.honda.co.jp/news/2009/p090910.html?from=whatsnew






e0169130_06387.jpg
25
今回のモーターショーはホンダのステージが一番活気がありました。
パンフレットも50頁位ある小冊子で、内容も面白く、良く出来ていました。

また、この写真のようにステージの前の一部をロープで区切って、
小さい子供や車椅子の人が見る為のスペースにしていました。
他にはトヨタでも行われていましたが、大変良いアイディアだと思います。




*****





おまけの動画
HONDAの一輪車、U3-Xのステージです。(ASIMOも出演)
現在の所、回転するには足で地面を蹴る必要があるようです。





(^x^) おしまい。


[PR]
by maniera | 2009-12-11 19:36 | photos
【東京モーターショー2009】 3of4 (トヨタ・他)
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

去る10月23日から11月4日まで、第41回東京モーターショーが行われました。
4回に分けて紹介していますが、今回も中央ホールの展示を紹介します。
(☆ Boschのブースは実際は西ホールでした。)





e0169130_23561672.jpg
01
トヨタのブースです。 左側はLEXUSのコーナーになっています。






e0169130_23562556.jpg
02
トヨタ FT-EV IIという小さな電気自動車です。
トヨタiQよりも小さく、フル充電で90km走れるそうです。






e0169130_2356327.jpg
03
こちらは発売中のトヨタiQです。 カラフルですね。






e0169130_23563835.jpg
04
トヨタのF1も展示されていましたが、モーターショーが終わった後に、
トヨタのF1からの撤退が発表されました。






e0169130_23564527.jpg
05
こちらは2010年に市販されるLEXUS LF-Aです。
価格は3750万円以上、500台限定販売だそうですが、
パッと見、あまり超高級車には見えませんでした。^^;

色々制約があって、昔の2000GTのような、シンプルで抑揚のある
美しいスタイリングを望むのは 無理なのでしょうか...。






e0169130_23565118.jpg
06
リアも以前のショーカーに少し似ていますが、実車をこの角度から見ると、
リアコンビランプ付近が妙に角張っているし、黒いグリルが大きすぎて、少々バランスが変に見えます。






e0169130_23565810.jpg
07
ボンネットを開けていました。カーボンを多用した手作りの自動車のような印象です。

壁際には、エンジン、サスペンション、パワートレインなど中身の展示もありましたが、
パーツも相当お金がかかっていて、走行性能もとても良いようです。







e0169130_2357664.jpg
08
インテリアはスーパーカーというよりも、スポーツカー的なテイストに見えました。




e0169130_23571139.jpg
09
小さい子供なら、座らせてもらえたようです。 これはとても良い配慮ですね。^^






e0169130_23571721.jpg
10
壁際にLFA Art Galleryという真っ黒いトンネルがありました。
どんどん奥に進むと....





e0169130_2357243.jpg
11
中には、アクリルを積層して削ったらしいLEXUS LF-Aの原寸モデルが、ポツンと置いてあるだけでした。
なんかお土産で貰ったりするガラスの置物を思い出しました。^^;





e0169130_23572994.jpg
12
こちらはLEXUS LF-Chというハイブリッドの2boxコンパクトカーです。
なぜか、殆ど誰も見ていなかったです。^^;





e0169130_23573562.jpg
13
実際はCセグメントのサイズで、割とコンパクトなはずなのですが、かなり大きく見えますね。





e0169130_23574260.jpg
14
トヨタのFT-86です。
事前に雑誌で見ていた写真よりも、良い印象を受けました。






e0169130_2357498.jpg
15
横から見ると、かなりコンパクトに見えます。
オーバーハングが少ないですね。






e0169130_23575534.jpg
16
リアは、基本的に、なだらかに傾斜したハッチバック。






e0169130_2358055.jpg
17
上記の3枚の写真のFT-86は特別招待日なので人があまりいませんが、
一般公開日の土曜日には、このように盛況でした。





e0169130_003712.jpg
18
車の横に綺麗なコンパニオンさんがいたせいもありますが。^^;






e0169130_2358879.jpg
19
タイヤのブリジストンのブースが人であふれています。
一体、何事でしょうか?
ステージ横に回って、隙間から見ると...






e0169130_23581479.jpg
20
ステージの上にコンパニオンがいるのが見えました。
どんなステージか、よく分かりませんでしたが、
多分、あの緑の棒で、夢中になって押し寄せる観客を叩いて 追い払うのかもしれません。^^;;






e0169130_23582089.jpg
21
こちらは、部品メーカーのBOSCHのブースです。
説明をしているコンパニオンの後ろを、男性が覗き込んできますが...






e0169130_2358262.jpg
22
こちらのコンパニオンは2次元でした。w
ハイパーマネキン(Hyper Mannequin)という物らしいです。

写真21を良く見ると分かりますが、背後の天井のプロジェクターから
人型のスクリーンに投影していたようです。これなら人件費はかかりませんね。^^;

【参考URL】
http://www.kowa-com.co.jp/solution/hyper/hyper-0.html
http://www.sunloft.co.jp/products/mannequin.asp






e0169130_23583246.jpg
23
会場を二足歩行ロボットが歩き回っていました...。
と、思ったら、中に人間が入って、ロボットのように歩いているだけでした。^^;
JAF(日本自動車連盟)のブースです。






e0169130_23583730.jpg
24
全国自動車標板協議会(http://www.n-p.or.jp/)のブースに、
いろんな国のナンバープレートが展示されていました。

上から、中国、韓国、フィリピン、タイ、シンガポール、マレーシア、バングラデシュ、
スリランカ、ネパール、パキスタン、インドネシア、左下がインドです。

バングラデシュの下段の文字は数字なのでしょうか?全然読めませんね。^^







(^x^) 次回 4of4 (ヤマハ・SUZUKI・ホンダ)に続きます。


[PR]
by maniera | 2009-12-10 18:03 | photos
【東京モーターショー2009】 2of4 (マツダ・ダイハツ・スバル・他)
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

去る10月23日から11月4日まで、第41回東京モーターショーが行われました。
4回に分けて紹介していますが、第2回は中央ホールの展示を紹介します。





e0169130_2542147.jpg
01
中央ホールに移動します。
因みに中央ホールは東ホールの1.5倍の広さです。




e0169130_2542957.jpg
02
当初予定の無かったケータハム(Caterham Cars)が出展、3台の車両を展示していました。





e0169130_2543665.jpg
03
ちょっと古い車の展示コーナーがあって、
mazdaの RX-500というコンセプトカーが展示されていました。
1970年の東京モーターショーで発表されたロータリーエンジンの車です。




e0169130_2544212.jpg
04
マツダと広島市の協力の下、広島市交通科学館により約30年ぶりに修復され展示されたそうです。
今回のショーの展示では、一番ショーカーらしかったかもしれません。^^;





e0169130_2544914.jpg
05
こちらはToyota Sports 800のガスタービン ハイブリッドモデルで
1977年の東京モーターショーに出展されたようです。




e0169130_2545539.jpg
06
これは1917年の三菱A型というモデルを復元した物です。
当時、日本初の量産車として、三菱造船の神戸造船所で、30台製作されたそうです。
ヘッドランプに不思議な模様の付いたガラスが使われていますね。



e0169130_255136.jpg
07
これはLotusの ミッドシップスポーツカー EVORAです。
価格も違いますが、前回展示されていたLotusEuropeよりも高級感が感じられます。
値段は2シーターが850万円程度、2+2シーターが890万円程度です。




e0169130_255763.jpg
08
Lotusのコンパニオンは少し大人っぽい雰囲気でした。^^





e0169130_2551467.jpg
09

こちらはBMW Alpinaのブースにあった、Design Car Art Contestの模型です。
1位は車体に、日本画のようなペイントがされていました。
2位は車体全体に、小さな笑顔が沢山描いてありました。^^




e0169130_2552168.jpg
10
マツダのブースです。



e0169130_2552613.jpg
11
これは、次世代ガソリンエンジン搭載のMazda Kiyoraです。
マツダのショーカーはこれ1台でした。
しかもこれは2008年にパリモーターショーに出展した車です。^^;





e0169130_2553286.jpg
12
マツダの受付のお姉さんは、客の「個別カタログを出せ」とか、色々面倒くさい要求にも、
笑顔で応対していました。^^




e0169130_2553855.jpg
13
ダイハツのブースです。グループ会社の、トヨタの隣に位置しています。
コンセプトカー1台だけのメーカーも多い中、ダイハツは3台のショーカーを展示。




e0169130_2554428.jpg
14
ダイハツの "DECA DECA"というコンセプトカーです。
小さなボディーに、四角く広い室内を実現、右後方に37インチの液晶モニターが乗っていました。



e0169130_2554965.jpg
15
こちらはダイハツ Basketという4WDのコンセプトカーです。
小さなピックアップですが、座席は4つあります。



e0169130_2555646.jpg
16
インパネとシートは麻袋のようなイメージですね。
前座席の屋根はTバールーフ、リアは幌になります。





e0169130_256674.jpg
17
こちらは、e:s というコンセプトカーです。
通常のガソリンエンジンですが、重量700kgと空力追求で、30km/lの燃費を実現したそうです。





e0169130_2561244.jpg
18
私が車の写真を撮っていた時は誰もいなかったのですが、
ステージにコンパニオンが出てきたら、人が沢山集まってきました。^^;




e0169130_2561868.jpg
19
スバルのブースです。 現在、トヨタはスバルの筆頭株主のためか、
ブースもトヨタグループのダイハツの隣です。






e0169130_2562328.jpg
20
スーパーGT選手権に参戦している LEGACY B4 GT300です。
迫力がありますね。




e0169130_2562845.jpg
21
某ニュースサイトによると、LEGACY B4 GT300の 黒のレザーのコンパニオンが、人気No.1だったそうです。^^





e0169130_2563418.jpg
22
スバルの Hybrid Tourer Conceptです。
2Lの水平対抗エンジンと、前後のモーターを組み合わせているそうです。

ドアの開いたところを見たら、サイドシルが薄くて剛性が無さそうに見えるし、
インテリアやペダル類がモック然としていたので、実際には走れないのかもしれません。




e0169130_2564012.jpg
23
Hybrid Tourer Conceptのコンパニオンさんも、黒で統一。^^




次回は、トヨタを中心に、また中央ホールを紹介します。
(^x^) 3of4に続く。


[PR]
by maniera | 2009-12-09 17:23 | photos
【東京モーターショー2009】 1of4 (三菱・日産・他)
(^x^)こんばんは。MANIERAです。
去る10月23日から11月4日まで、第41回東京モーターショーが行われました。

少々時間が経ってしまいましたが、
特別招待日と、一般公開日の2度見てきたので、4回に分けて紹介します。

今年の会場は、規模縮小で、東ホール、中央ホール、西ホールのみになりました。
今回は東ホールの展示を紹介します。




e0169130_2463529.jpg
01
東京モーターショーと言っても、会場は東京都ではなく、千葉県の幕張メッセです。^^;






e0169130_2464511.jpg
02
11月23日は特別招待日ですが、午前中は、皇族や政府関係者等の要人の
開会式出席や視察のため、招待客は入場できません。

会場の外には、その関係と思しき黒塗りの自動車が待機しています。
特別招待チケットを持った客は午後から入場出来ます。
(この日は一般のチケットでは入れません。)






e0169130_247752.jpg
03
特別招待日のせいもあって、観客はかなり少ないです。






e0169130_2471488.jpg
04
婦警さんが小さいパトカーの前で敬礼していますね。^^

こちらは韓国のCTCという小型電気自動車のメーカーのブースです。
ゴルフカートをベースにしているようです。






e0169130_2472138.jpg
05
同じくCTCのブースで、こちらは郵便配達自動車の提案のようです。
こんな綺麗な郵便配達員は見たことがありませんが。^^;





e0169130_2317294.jpg
06
カナダの Campagna MotorsのT-REXという三輪自動車です。
エンジンはカワサキの1.4Lで、車重472kg、価格は650万円。
http://www.campagnamotors.com/






e0169130_2473146.jpg
07
東京ディズニーランドが近いためか、ディズニーランドのバスが展示されていました。
リアコンビランプやマフラーカッターまで、ミッキーマウスの形をしていますね。^^






e0169130_2473712.jpg
08
チロルチョコのマッハGoGoGo(外国ではSpeed Racer)のチョコのブース。

チョコの応募券4枚でミニカーが当たるそうです。(2010年3月31日まで)
http://www.tirol-choco.com/cp_machgogogo/index.html






e0169130_2474315.jpg
09
これは玩具のチョロQを人間が乗れるように大きくしたコンセプトカーです。
タレントの 所ジョージがプロデュースしたようです。
http://www.takaratomy.co.jp/products/choroq/tokoro.html






e0169130_2474983.jpg
10
タカラトミーのミニカー「トミカ」と「チョロQ」が大量に展示されていました。
会場で、モーターショー開催記念モデルを買う事も出来ます。

タカラトミーのブースは、例年、開場外れの北ホールの2階通路に作られていましたが、
今年は東ホールの一等地に大きなブースを構えていました。






e0169130_2475555.jpg
11
トミカのジオラマ。 お子様大喜び。^^






e0169130_248130.jpg
12
三菱自動車のブースです。 随分シンプルですね。
今年はどのメーカーも、予算が減っているような印象です。






e0169130_248698.jpg
13
右に見えるのは、三菱の電気自動車 i-MiEVで、家庭用の200Vか100Vで充電出来ます。
価格は補助金をフルに使えば250万円程度で購入できる場合もあるようです。

この部屋のセットは、電気自動車ならば排ガスも出ないので、
家の中に家具的に置く事も出来るという提案のようです。






e0169130_2481372.jpg
14
三菱のプラグインハイブリッド(コンセントからも充電できるハイブリッド)
PX-MiEVというコンセプトカーです。 後ろに充電スタンドが見えます。






e0169130_2481840.jpg
15
日産のブースです。かなり広いです。






e0169130_2482347.jpg
16
これは2010年に発売されるという 日産LEAFです。
ハイブリッドではなくて、純粋なEV(電気自動車)で、フル充電で160km走行できます。
ドアの開いたところやインテリアを見ると、殆どこのままで発売されそうな印象を受けました。






e0169130_2482845.jpg
17
日産のコンパクトなEVのコンセプトカー、Land Gliderです。縦に2名乗車します。
コーナリングの時に車体を傾けて安定して曲がれるそうです。






e0169130_2483486.jpg
18
日産のQazanaというコンセプトカーです。
コンパクトなSUVですが、結構大きく見えます。






e0169130_2484186.jpg
19
名古屋の 鈴商(suzusho)という会社の Supasse-Vというコンパクトなスポーツカーです。
マツダ Axelaのエンジンを使用しているようです。

今年は、スポーツカーらしい車が少なかったためか、
貼りつくように見ている観客が 結構多くて、なかなか写真が取れませんでした。






e0169130_2484762.jpg
20
PlayStation3のゲーム Gran Turismoのブースです。
これも、例年は、通路にブースを構えていましたが、今年はメイン会場に大きめのブースです。
写真のような試遊台が6台位あって、順番待ちの人で列が出来ていました。






e0169130_2485256.jpg
21
これは自動車総連(JAW=Japan Automobile Workers' Unions)のブースで、
会期中に子供達がペイントした日産CUBEのようです。






e0169130_2485855.jpg
22
近くで見ると、花の絵の横に各々名前が書いてあります。
結構小さい子供が描いているような絵もあって、可愛いですね。^^






e0169130_249335.jpg
23
この写真は、一般公開日(土曜日)の17:50頃の、会場の売店の様子です。
例年は、結構お客さんがいるのに、今年は、来客が少なくて閑散としていました。^^;





(^x^) 次回、2of4 (マツダ・ダイハツ・スバル等) へ続きます。

[PR]
by maniera | 2009-12-08 18:11 | photos


ブログパーツ
カテゴリ
全体
photos
news
enjoy_archives
    _【自転車でGO】
    _【コンビニおやつ】
    _【コンビニごはん】
    _【旅行記】
    _【グルメ】
未分類
タグ
(48)
(40)
(31)
(30)
(19)
(18)
(10)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
最新の記事
ブログを引っ越しました。
at 2010-12-05 03:37
夏の花 2010
at 2010-09-30 23:56
吉野家の牛鍋丼を食べてきた。
at 2010-09-08 01:24
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-31 23:50
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-21 01:50
【お知らせ】
■20101204
こちらのブログは、Googleのブログ、Bloggerへ引っ越しました。新URLはこちら>  http://blog-maniera.blogspot.com/


■20091129
2009年6月以降の記事は、「カテゴリ」を全てphotosにしています。
「タグ」や「以前の記事」をクリックすると、タイトル一覧が表示されるので、こちらの方が見易くなっています。


■20090526
enjoyの記事の再掲載は全て完了しました。これ以降は、オリジナルの記事を載せていきます。





Link
 kon's blog
 blade's blog ('-')v



Total: 無料・カウンター
Today:
Yesterday:
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧