<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【鎌倉】3.長谷寺の紫陽花
(^x^)こんにちは。MANIERAです。

6月中旬、鎌倉のアジサイ等を見てきたので3回に分けて紹介しています。
第3回は 長谷寺(Hasedera)へ向かいます。

【解説】
 鎌倉 (Kamakura)とは、東京から南南西に、電車で約1時間の距離にある海沿いの地域です。
 12世紀末から1333年まで幕府が置かれ、武家による政治・文化の中心地でした。




e0169130_22534897.jpg
01
鎌倉の大仏を後にして、長谷寺の近くにやって来ました。
こちらの寺は、江の島電鉄の長谷駅から5分程度の距離にあります。






e0169130_2254043.jpg
02
この辺りは 特に人力車が多くて、寺の近くの駐車場にも、
何台も停車していました。






e0169130_22541825.jpg
03
寺の近所に鎌倉オルゴール堂というお店がありました。去年開店した
オルゴールの専門店との事で、沢山のオルゴールが売っていました。

北海道の小樽のオルゴール堂の姉妹店のようです。
http://www.otaru-orgel.co.jp/kamakura.html






e0169130_22542796.jpg
04
長谷寺は736年に創建された浄土宗の寺です。
門前の、絵に描いたような松が 見事ですね。

夏は、開門時間は 8:00-17:00(閉山17:30)です。
http://www.hasedera.jp/

時計を見ると、閉山まで30分位しかありませんが、
とりあえず入ってみましょう。






e0169130_22544076.jpg
05
入山料金の300円を払って境内に入ると、すぐ目の前に池がありました。
まだ大勢の観光客がいますね。






e0169130_22545399.jpg
06
池には、白や紫の花菖蒲が咲いていました。
四角い枠は、花筏(はないかだ)という物で、花を乗せて池に浮いているようです。






e0169130_2255688.jpg
07
3本の竹の中を通って、池に水が注ぎ込まれています。

もう一枚写真を撮ろうとしたら、水が止まってしまいました。
17時を過ぎると、水を止めるようですね。^^






e0169130_2256827.jpg
08
階段の手すりも竹で出来ていて良い雰囲気です。






e0169130_22561849.jpg
09
階段の上に白い紫陽花が咲いていました。
端が うっすらピンクなので、これから赤くなるのかな?






e0169130_22562980.jpg
10
さらに階段を上がると、山の中腹を切り開いた、上側の境内になります。
大きな建物は、長谷寺の観音堂です。






e0169130_2256413.jpg
11
観音堂の奥には、金箔で覆われた木造の全高9.18mの長谷観音が
祀られていますが、中は撮影禁止です。 では、紫陽花の散策路を見に行きましょう。






e0169130_22565259.jpg
12
観音堂の左に「散策路 入場入山券 番号案内」の看板があり、
待ち時間、20分以上、40分以上、60分以上、80分以上と書いてあります。

この時には、待っている人はいませんでしたが、混雑時は看板に掲示される
入場券の番号の順番に従って、入場させるようです。






e0169130_22571460.jpg
13
庭に、白い 夏椿(ナツツバキ)の花が落ちていました。
学名:Stewartia pseudocamellia、
英語名:Japanese stuartia


一般に、日本のお寺で、沙羅双樹(サラソウジュ)
呼ばれている木は、実際は夏椿だそうです。

本当の沙羅双樹(学名:Shorea robusta)は、インド原産で、
日本では、温室がないと育たないそうです。





e0169130_22572846.jpg
14
散策路に入ると、最初に長い石の階段を上ります。
結構 急なので、急いで上ると息が切れます。^^






e0169130_22573814.jpg
15
階段を上って行くと、アジサイの咲く小道に
小さな千手観音像がありました。






e0169130_22575279.jpg
16
散策路の一番高い所まで上ったら、由比ガ浜(Yuigahama)の海岸が見えました。
陽が傾いてきて、散策路は少し薄暗くなってきました。






e0169130_2258360.jpg
17
八重咲きのアジサイ。 近くにあった品種の名札には
「メランコリー」と書いてあったと思います。






e0169130_2258137.jpg
18
花の前で記念撮影をする人が多くて、下りの道が渋滞しています。^^
この辺りの階段は、少しふわふわした不思議な感触。





e0169130_2258251.jpg
19
小さなお堂の横に竹が生えています。竹の緑が瑞々しいです。





e0169130_22583815.jpg
20
こちらのお寺には、40種類以上、約2500株のアジサイが植えられています。
上から見ると、斜面の傾斜が急なのが分かりますね。






e0169130_22585292.jpg
21
階段を下りてくると、苔生したお地蔵さんが 沢山並んでいました。






e0169130_2259572.jpg
22
小さなお堂は、「経蔵(きょうぞう)」という建物でした。 中にお経を収めた回転式の大きな
書架があって、一回転させると、全てのお経を読んだのと同じ功徳があるそうです。

お堂の中を見たかったのですが、もう閉山時間なので、
扉を閉められてしまいました。^^;






e0169130_22591584.jpg
23
宝物堂の前では、石造りの釈迦如来坐像が、紫陽花のブーケを
持っているように見えて、ちょっと可愛いかったです。^^






e0169130_22592778.jpg
24
もっと見たかったですが、閉山時間になったので、もう帰りましょう。
この後、鎌倉駅まで歩いたら、思ったよりも遠くて、疲れました。^^;





(^x^)おしまい。














[PR]
by maniera | 2010-06-30 01:52 | photos
【鎌倉】2.由比ガ浜から鎌倉大仏へ
(^x^)こんにちは。MANIERAです。

6月中旬、鎌倉のアジサイ等を見てきたので3回に分けて紹介しています。
第2回目は 鎌倉大仏へ向かいます。

【解説】
 鎌倉(Kamakura)とは、東京から南南西に、電車で約1時間の距離にある海沿いの地域です。
 12世紀末から1333年まで幕府が置かれ、武家による政治・文化の中心地でした。




e0169130_1985242.jpg
01
成就院(Jojuin)を後にして、道なりに歩いてゆきます。
ふと右を見ると、すぐ近くに海が見えました。 ちょっと行って見ましょう。






e0169130_199833.jpg
02
由比ガ浜(Yuigahama)の海岸です。 目の前に太平洋が広がります。
砂浜に海草が打ち上げられています。






e0169130_199187.jpg
03
夏のような天気の海岸に 穏やかな波が打ち寄せます。






e0169130_1992810.jpg
04
3人くらいサーフィンをやっている人がいました。
気持ち良さそうです。^^






e0169130_1993825.jpg
05
海を後にして、江ノ電(Enoden)の踏み切りを越えて、北の方に向かいます。
この踏み切りのすぐ隣には、長谷(Hase)駅がありました。






e0169130_1994910.jpg
06
通りのお店の暖簾が金魚の模様で可愛いですね。






e0169130_1910249.jpg
07
長谷駅から歩いて10分程度で、大仏で有名な高徳院(Koutokuin)に到着します。
正面の門は、仁王門です。






e0169130_19101261.jpg
08
仁王門から境内を覗いてみると、前方の門の上に、大仏の頭が少しだけ見えました。






e0169130_20573663.jpg
09
券売所で、拝観料200円を払って中に入ります。
手水舎で、手と口を清めましょう。






e0169130_19103213.jpg
10
境内を進んで行くと、すぐに大仏の前の広場に出ます。
階段で遠足の子供達が、記念撮影をしていますね。






e0169130_20575398.jpg
11
鎌倉の大仏は、国宝に指定されています。
そして、屋根の下ではなく、野外に座っています。

元々、大きな建物の中にあったそうですが、
建物は度重なる台風や地震などの災害で損壊したそうです。






e0169130_19105718.jpg
12
また別の小学校の遠足のグループがやって来ました。
昔から、なぜか遠足で木刀を買ってしまう子がいますよね~。^^






e0169130_1911916.jpg
13
現在の鎌倉の大仏は2代目で、1252年に作り始めたようです。
1243年に完成した初代の大仏は木造でしたが、災害で失われたようです。

鎌倉の大仏は、台座を含めて13.35mの高さで、体重は121t。
(1961年にジャッキで持ち上げて、秤を入れて計ったそうです)

因みに、奈良の大仏は、台座を含めて18.03mの高さで、
体重は250tになるそうです。






e0169130_19112641.jpg
14
大仏の前方の左右に、青銅製の蓮のオブジェがあります。
なんとなく岡本太郎の彫刻を思い出します。^^






e0169130_19114037.jpg
15
大仏の前にある球状の香炉は、モダンなデザインですが、
江戸時代に豪商が寄進したそうです。






e0169130_19115143.jpg
16
大きなわらじが奉納されていましたが、
どうも大仏には小さいような気がします。^^






e0169130_191238.jpg
17
鎌倉の大仏は、少し猫背で、全体に丸みを帯びた造形で、
柔らかくて優しい感じがします。

背中に扉がついていますが、これは鋳造後に
中子を出すために使われたようです。
中子(なかご)とは、中空の鋳物を作る時に使われる
内側の型。 英語では"core"。

右端の男性二人が座っているのは、
昔、大仏を収めていた大きな建物の礎石らしいです。






e0169130_19121574.jpg
18
大仏の背後に、青銅の蓮の花弁が置いてあります。

江戸時代に32枚の製作が計画されたそうですが、完成したのは
4枚だけで、表面に寄進者の名前が書いてあります。

左に見える、小さな小屋の係の人に20円払うと、
大仏の中に入る事が出来ます。 ちょっと入ってみましょう。





e0169130_19122938.jpg
19
小屋の脇から一旦地下に潜って、狭い階段を上ると大仏の中です。
中は狭く、一度に30人位しか入れませんし、特に何もありません。

しかし、内側から見ると、何回もに分けて鋳造した様子が分かります。
因みに、上の大きな穴が首の部分で、茶色いのは50年程前にFRPで補修した跡です。
内側から表面を触ると、陽の光を受けて、大仏は ほんのり暖かかったです。


大仏の鋳造方法は、下記のリンク先ページの一番下の「鋳造方法」の画をクリックして、
アニメーションを見て下さい。 背中の扉の役目が良く分かります。

日本語>http://www.kotoku-in.jp/characteristic.html       
英語 >http://www.kotoku-in.jp/en/about/characteristic.html






e0169130_19124243.jpg
20
当時は金箔で覆われていたようですが、現在では微かに、
頬の辺りに その痕跡が認められるだけです。






e0169130_19131948.jpg
21
高徳院を出ると、外国人観光客が喜びそうな土産物店がありました。
忍者の手裏剣などと一緒に、なぜか、西洋の兜や剣も大量に売っています。^^;






e0169130_19133262.jpg
22
別のお店の店先では、小さい大仏が沢山座っていました。






e0169130_19134378.jpg
23
とても暑い日だったので、いも吉館(imo yoshi yakata)という、
サツマイモの菓子の店で、紫芋とバニラの
2色のソフトクリームを買いました。 295円。

白い方は普通のバニラですが、紫色の方はサツマイモの香りがして
なかなか美味しかったです。^^






(^x^) part3に 続きます。


















[PR]
by maniera | 2010-06-24 17:02 | photos
【鎌倉】1.成就院のアジサイ
(^x^)こんにちは。MANIERAです。

6月中旬、鎌倉のアジサイ等を見てきたので
3回に分けて紹介します。


【参考】
鎌倉(Kamakura)とは、東京から電車で約1時間の距離にある海沿いの地域です。
12世紀末から1333年まで幕府が置かれ、武家による政治・文化の中心地でした。





e0169130_1402560.jpg
01
鎌倉駅の西口です。 梅雨の晴れ間で、大変良い天気です。

左の黒い屋根が JR鎌倉駅、右の白い建物が 江の島電鉄の鎌倉駅です。
左の方で人力車が客待ちをしています。






e0169130_1404652.jpg
02
江ノ電は 東の鎌倉駅と、西の藤沢駅を結ぶ約10kmの長さの路線です。
なぜか、線路の終端で、蛙の親子の置物が 藤沢方面を見ています。^^






e0169130_1405810.jpg
03
平日の昼間なのに、ホームに人が溢れています。
ぐずぐずしていたら、この列車には満員で乗れなくて、次の便まで10分程度待ちました。






e0169130_1411071.jpg
04
小さめの列車は民家の間を抜けて行きます。
あまりスピードも出さず、のんびり進みます。







e0169130_1412854.jpg
05
10分程度で、4つ目の駅、極楽寺(Gokurakuji)に到着。
ホームは線路の片側のみで、木造の駅舎も非常に小さくて可愛いです。






e0169130_1414063.jpg
06
駅名にもなっている極楽寺は、橋を渡った線路の反対側にあります。






e0169130_1415936.jpg
07
極楽寺は 1259年に創建された真言律宗のお寺です。
境内は撮影禁止なので、外から山門の写真だけ撮って、中には入りませんでした。

拝観時間は9:00-16:30、拝観料は無料ですが、
宝物殿は入館料が300円のようです。






e0169130_1421836.jpg
08
極楽寺を後にして、東の方に向かいます。
極楽亭というカフェがあって、抹茶やコーヒー、ビールなど
飲み物が全部500円でしたが、この日は満員でした。

店先には勾玉やお坊さんの人形なども販売していました。
もう午後なので、店の外の時計は止まっているようですね。^^






e0169130_1423194.jpg
09
駅から5分程で、成就院(Jojuin)への階段が見えてきました。






e0169130_1424335.jpg
10
階段の途中に「西結界」と書かれた門があります。
ここから成就院の境内になるようです。
境内の拝観時間は 8:00-16:30です。

結界(けっかい)とは、仏教の修行に障害のないように、
一定の区域を定めて制限を加えること。







e0169130_1425730.jpg
11
階段を上って参道の頂上に着くと、右に成就院(Jojuin)
山門がありました。

成就院は真言宗のお寺で、1219年に創建されましたが、
1333年に鎌倉幕府が倒れた時に戦火で焼失、
江戸時代に再興されたそうです。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~jojuin/






e0169130_1431218.jpg
12
身を清める手水の水盤は 龍をかたどった立派なもの。
境内は こじんまりとしていています。今日は人が多くて、
本堂の前まで人が並んでいます。






e0169130_1432897.jpg
13
弘法大師(=空海)の像がありました。 真言宗の開祖の弘法大師が
ここを訪れて、その跡にお寺が作られたそうです。






e0169130_1433942.jpg
14
寺の山門を出ると、大勢の人々が参道の先に
立ち止まって、何かを見ているようです。






e0169130_1435128.jpg
15
人垣を掻き分けて前に出ると、
海の方に向かって伸びる参道に、沢山の紫陽花が咲いていました!






e0169130_144310.jpg
16
ここから見える海岸は、由比ガ浜(Yuigahama)のようです。
今日は暑いので、海は気持ち良さそうですね。






e0169130_1441533.jpg
17
参道の両脇には、般若心経の文字数と同じ数、
262株の紫陽花が植わっているそうです。






e0169130_1442771.jpg
18
でも、小さな紅紫陽花が、囲いの外にはみ出して
ひっそりと咲いていたので、262株以上ありそうですね。^^






e0169130_1444643.jpg
19
参道の中程に、ハートの形をした青いアジサイが咲いていました。

全然気付かなかったのですが、隣で写真を撮っていた
綺麗なお姉さんが教えてくれました。^^






e0169130_145112.jpg
20
かなりの高低差がある参道は、煩悩の数と同じ108段の階段だそうです。
こちらに見えている門は、東結界です。
拝観時間以外は、東西の結界の門が閉まるようです。

車道は、「極楽寺 切り通し」です。切り通しとは、山や丘を切り開いた人工の道です。
鎌倉には昔の切り通しが7つ残っています。




e0169130_145398.jpg
21
車道脇に、「くらりん」と書かれた自転車が何台も置いてありました。
調べると、鎌倉駅東口と長谷駅に店がある、JRのレンタル自転車のようです。

身分証明書があれば、電動アシスト自転車も借りられるそうです。
http://www.jrbustech.co.jp/business/kamakura.html






e0169130_145556.jpg
22
車道を人力車が走っていきます。
この辺は坂が多いので、大変そうです。






e0169130_146775.jpg
23
紫陽花の中に昔の赤いポストがありました。

極楽寺の駅前にも同じポストがあったので、
鎌倉ではまだ現役なのかもしれません。






(^x^)次回に続く。
















[PR]
by maniera | 2010-06-22 12:57 | photos
黒猫 VS デジカメ
(^x^)こんにちは。MANIERAです。
野良猫の写真と動画を撮ってきました。





e0169130_1441126.jpg
01
自転車で梨畑を通りかかったら、黒い野良猫を発見。
あ、後ろで他のネコが爪を研いでいますね。^^






e0169130_14412047.jpg
02
最初、黒猫は、もっと近くまで寄ってきたのですが、
停めておいた自転車が風で倒れたので、
びっくりして逃げてしまい、遠巻きにこちらを見ています。






e0169130_14412899.jpg
03
これで、隠れているつもりのようです。^^







04
デジカメをネコの前に置いてみると、突然...   続きは動画で!^^






e0169130_14413956.jpg
05
最初は ちょっと怖かったようですが、好奇心が勝ったようです。^^






ネコ可愛くて!
(^x^)おしまい。
















[PR]
by maniera | 2010-06-03 15:12 | photos
【T-01A】 スマートフォンの自転車用マウント
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

WindowsMobile搭載のスマートフォン T-01A用の
自転車用マウントを導入したので、紹介します。



e0169130_117570.jpg
01
左が 自転車マウント360で、
右が HR ホルダー T-01A/X02T です。

これは、車載用アクセサリーで有名な、
ドイツのHERBERT RICHTER社のマウントシステムのようです。

PDA工房という通販サイトで、税込み¥3,213で購入。
品名: HR 自転車マウント360セット T-01A/X02T
参考URL: http://www.pdakobo.com/review/hr/T-01A.ehtml






e0169130_1172147.jpg
02
ホルダーとマウントは 4穴のラッチングシステムで固定します。
このホルダーは同社の色々なマウントと組み合わせて使用できます。
参考URL: http://richter.jp/holders/hr_holders.shtml





e0169130_1173768.jpg
03
T-01Aを 上から滑り込ます様に装着します。
専用ホルダーなので、左右のボタン類やソケットを避けて デザインされています。






e0169130_1174812.jpg
04
写真が見づらいですが、カメラのレンズ付近は穴が開いていて、
そのまま撮影できるようになっています。
しかし、この角度では、地面しか写らないかも。^^;






e0169130_1175756.jpg
05
マウントを自転車のハンドルに付けてみました。

半割りになった樹脂パーツをパイプを包むように組み合わせ、
2箇所のネジをマイナスドライバーで締めて取り付けます。

ハンドルのパイプの太さに合わせる為に、パイプと樹脂パーツの間に挟む、
調整用ゴムシートが3枚付属します。






e0169130_118792.jpg
06
このマウントは真ん中のネジを緩めると回転するので、
縦画面から横画面まで、角度を調整する事が出来ます。

しかし、このネジの頭は内側で、取り付けると隠れてしまうので、
取り付ける前、仮組み状態の時に調整しなければなりません。






e0169130_118185.jpg
07
ホルダーの4つの穴に、マウントの爪を差し込んで、
しっかり手前に引くようにすると固定されます。






e0169130_1182812.jpg
08
T-01Aを装着しました。 専用ホルダーなので、見た目もすっきりしています。
但し、電源スイッチは少し押しづらいです。

乗車姿勢にもよりますが、ホルダーは、真上方向に向けると、空を反射して
とても見づらいので、写真のように少し斜めにした方がマシだと思います。

砂利道をゆっくり走った程度では、外れたりはしませんでした。
しかし、スタンドを立てて駐輪時、風にあおられて自転車が倒れた際には
衝撃で、T-01Aを付けたままホルダーが、マウントから外れました。^^;






e0169130_1183826.jpg
09
Mobile Google Mapを表示させてみました。
右下の、地図上の青いボタンを押せば、GPSで現在位置を表示します。

文字が小さいのと、昼間は外光が反射して かなり見づらい事もあり、
走行中に見るのは、困難です。
時々、停車して位置確認に使った方が良さそうです。






e0169130_16494090.jpg
10
因みに Mobile Google Mapには ルート案内の機能があります。
カーナビと違って、写真のように、地図に点線でルートが描かれ、
現在位置が表示されるだけですが..

ルート検索の際には、運転経路、公共交通機関、徒歩の3つのモードを選べます。
運転経路モードを使うと、高速道路がルートに指定されたりするので、
自転車の場合は、基本的に徒歩モードを利用しています。






e0169130_1184757.jpg
11
次に、GPS cycle computerというフリーソフトを入れてみました。
http://soft.wince.ne.jp/soft/Detail/GPS Cycle Computer/PID4409/

このソフトは、GPSを利用したサイクルコンピューターで、
走行時間、現在速度、平均速度、最高速度、走行距離、高度が表示されます。

乗用車の速度計と比較したところ、大体正確な速度が表示されるようです。
高度は、少し歩く間に大きく数値が変化する事があり、参考程度に考えた方が良さそうです。



私の環境では、このソフトのoptionsで Read GPS data directory
offにしないと、GPSを受信しませんでした。
もちろん事前に、T-01Aの 設定InternalGPSで、位置情報をダウンロードしておきます。


また、MainScreenOptionで、ShowBkLight Off buttonをonにすると、
画面下に電球のマークが表示され、これ押すとバックライトを消して節電できます。
再度、画面を表示させるには電源ボタンを押します。
☆ 因みにT-01Aをサスペンドさせると、計測を止めてしまうようです。




*******



自転車以外でも、意外に面白いのが、電車で移動中の利用です。
GPS cycle computerで、今の速度を表示させたり、
Google Mapで、今、何処を走っているのか見たりしています。

ポータブルナビを買わずとも、スマートフォン一つで色々出来るので、結構便利です。
ただ、電池の消耗が心配なので、以前の記事の様な外部電源を持って行くと安心です。

(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2010-06-01 18:15 | photos


ブログパーツ
カテゴリ
全体
photos
news
enjoy_archives
    _【自転車でGO】
    _【コンビニおやつ】
    _【コンビニごはん】
    _【旅行記】
    _【グルメ】
未分類
タグ
(48)
(40)
(31)
(30)
(19)
(18)
(10)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
最新の記事
ブログを引っ越しました。
at 2010-12-05 03:37
夏の花 2010
at 2010-09-30 23:56
吉野家の牛鍋丼を食べてきた。
at 2010-09-08 01:24
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-31 23:50
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-21 01:50
【お知らせ】
■20101204
こちらのブログは、Googleのブログ、Bloggerへ引っ越しました。新URLはこちら>  http://blog-maniera.blogspot.com/


■20091129
2009年6月以降の記事は、「カテゴリ」を全てphotosにしています。
「タグ」や「以前の記事」をクリックすると、タイトル一覧が表示されるので、こちらの方が見易くなっています。


■20090526
enjoyの記事の再掲載は全て完了しました。これ以降は、オリジナルの記事を載せていきます。





Link
 kon's blog
 blade's blog ('-')v



Total: 無料・カウンター
Today:
Yesterday:
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧