タグ:東京 Tokyo ( 18 ) タグの人気記事
【浅草】 梅園の豆かんと、あんみつ
 (^x^)こんばんは。MANIERAです。

 お正月に浅草で、 豆かん(mamekan)と、
 あんみつ(anmitsu)を 買ってきたので 紹介します。



e0169130_220337.jpg
01
買ったのは、仲見世の甘味専門店、梅園(Umezono)本店です。

1854年(安政元年)に浅草寺の別院、梅園院(Baion in)
茶屋として創業した、156年の歴史のあるお店です。

現在のお店は、浅草の雷門をくぐって、仲見世通りを200m程度進み、
左の道に入ってすぐの所にあります。






e0169130_2201617.jpg
02
持ち帰りの他に、お店の中でも食べられますが、この日は満席でした。

こちらで有名なのは、餅きび(millet)に 温かい漉し餡を乗せた、粟(あわ)ぜんざいですが、
この時は値札が裏返しだったので、売り切れだったようです。

値段は、サンプルを見ると、ところ天525円、あんみつ650円、
フルーツみつ豆808円といったところです。






e0169130_2204348.jpg
03
軒先に赤い傘が置いてあった隣の建物も、梅園の看板が出ていました。
こちらは贈答用などの和菓子が置いてあるようです。






e0169130_2205648.jpg
04
本店の店頭には、持ち帰り用のあんみつ、豆かん等が並んでいます。
これらは、1-2日しか日持ちがしないので、早めに食べないといけません。






e0169130_221649.jpg
05
悩んだ結果、豆かん410円と、あんみつ420円を買ってきました。
(黒豆バージョンの豆かんもありましたが、そちらは490円程度でした。)






e0169130_2211894.jpg
06
まず豆かん(mamekan)を食べてみましょう。
豆かんとは、豆と寒天に、黒蜜をかけただけの、シンプルな食べ物です。






e0169130_2212980.jpg
07
寒天を 器に盛ります。
スーパーで売っている硬い寒天とは違って、
弾力があり、プルプルしています。^^






e0169130_2214234.jpg
08
寒天の上に、豆を乗せてから、甘い黒蜜をかけていただきます。
さて、お味は...。


大量に入っていた豆は、赤茶色のエンドウ豆で、結構な塩味が付いています。
蜜は、あんみつにかかっているような黒蜜で、かなり甘く、
寒天は、適度な弾力があって美味しいです。

豆は粉っぽさがあり、皮が少し喉に引っかかるような感もありますが
これは熟した この豆の特徴でもあり、個人的にはマイナスではありません。

豆の量が多くて嬉しいのですが、少々塩味が強いので、
豆を少な目、寒天を大目に口に入れた方が、バランスが良いかも..。


と、言いつつ、ぺろりと完食。^^



***


e0169130_2215913.jpg
09
翌日に、あんみつを食べてみました。
みかんが、つやつやしていますね。

あんみつとは、寒天の上に、果物や、求肥(gyuhi)
豆、餡などを乗せて、黒蜜をかけた食べ物です。

* 求肥(gyuhi)とは、白玉粉を水でこねて蒸してから、
砂糖と水飴を加えて練ったお菓子です。







e0169130_2221729.jpg
10
寒天を器に入れます。
冷蔵庫で一晩、保管しましたが、やはり当日中に
食べた方が、鮮度は良い感じです。






e0169130_2223139.jpg
11
あんこと、ピンクの求肥(gyuhi)、みかんと、杏、豆を盛り付けます。
お店で出てくるようには、上手に盛り付けが出来ませんね。^^;






e0169130_2224660.jpg
12
いただきます。^^

滑らかな舌触りの求肥(gyuhi)、自然な甘さのアンズ、みかんの良い香りが広がります。
豆かんと同じ赤えんどう豆でしたが、こちらは寒天と豆の比率がちょうど良くて、
豆の塩味が良いアクセントになります。

蜜は、豆かんと同じく黒蜜で、結構甘くて、懐かしい感じの味がします。
餡は、滑らかな小豆の漉し餡で、蜜と寒天とマッチする、程良い甘さで、
美味しかったです。




***




浅草には他に、豆かんが評判のお店、梅むら(Umemura)があり、店の前まで行きましたが、
あいにく正月の4日まで休みで、買えませんでした。 ;;
次の機会に食べてみたいです。^^



(^x^)おしまい。




参考URL
http://www.asakusa-umezono.co.jp/

[PR]
by maniera | 2010-02-08 18:50 | photos
【浅草】 浅草寺に初詣&屋台
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

お正月に東京都台東区浅草の 浅草寺(Sensoji)に行って来ました。
後編は 浅草寺の参拝の様子と、境内の屋台を紹介します。






e0169130_20531152.jpg
01
雷門から約300m、仲見世を通って直進すると、
こちらの宝蔵門(Houzou-mon Gate)の前に到着します。

現在の門は、1964年に再建されたものです。2007年に屋根改修工事が行われ、
軽量のチタン製の屋根瓦が採用されました。






e0169130_20531846.jpg
02
宝蔵門をくぐって振り返ると、門の左右に、魔除けの大きなわらじが 飾ってあります。
このわらじは、長さ4.5m、幅1.5m、重量400kg以上の大きな物です。
10年に一度交換されるそうで、前回は2008年に交換されました。




e0169130_20532519.jpg
03
門をくぐると、参道の両脇で、おみくじ(written oracle)や お札(talisman)を売っています。
ちなみに、浅草寺のおみくじは、「凶(misfortune)」の
出る確率が他所より高く、約30%らしいです。^^;






e0169130_20533462.jpg
04
お参りする前に、お水舎(omizuya)で、手と口を清めます。


        その作法は、
         1.最初に右手に柄杓を持ち、左手を洗い清めます。
         2.次に柄杓を左手に持ちかえて、右手を清めます。
         3.再び右手に柄杓を持ち、左手に水を受けて口をすすぎ清めます。 (柄杓には口を付けない)
         4.最後に柄杓を立てて、絵に水を流し清めて、元に戻します。







e0169130_20534226.jpg
05
線香一束が100円で販売されています。






e0169130_20535093.jpg
06
七輪(charcoal stove)で、線香に火を点けます。






e0169130_2054033.jpg
07
大きな香炉に線香を供え、自分の体の良くしたい所に、その煙を かけます。
ちなみに、自分で買った線香の煙でないと、ご利益が無いそうです。^^

通常、参道の中央に置かれている香炉が、初詣客の混雑を避けるためなのか、
この日は参道の脇に移動されていました。






e0169130_20541065.jpg
08
いよいよ本堂に入ります。
本堂は今年の11月まで改修工事のようで、
外側が白いシートなどで隠れていたのが残念でした。






e0169130_20541834.jpg
09
通常の賽銭箱の周りに囲いが作られて、外れた賽銭が沢山落ちています。
では、小銭を投げて、願い事や感謝の念を心の中で唱えましょう。






e0169130_20542889.jpg
10
さて、お参りを済ませたので、境内の屋台を見てみましょう。






e0169130_20544046.jpg
11
こちらは伝統的な羽子板の屋台です。

羽子板は元々、羽根突きの遊びに使う 木製のラケットでしたが、
こちらは、観賞用の羽子板で、立体的な造形がされています。






e0169130_17375721.jpg
12
こちらにはHello Kittyの羽子板がありますね。^^






e0169130_17381894.jpg
13
右は 韓国の餅の煮込み、トッポキの屋台、左は 串もんじゃ焼きの屋台です。

良く見なかったので 詳しくは分からないですが、
もんじゃ焼きが串に刺さるとは想像が付きません。 ^^;






e0169130_20551067.jpg
14
リンゴ飴の屋台です。300円。
ソーダ味、イチゴ味など色々あるようです。

りんご飴とは、生のリンゴに、飴を絡めたお菓子です。






e0169130_17383797.jpg
15
じゃがバターの屋台です。
焼いたり、蒸したりしたジャガイモに、バターを乗せた食べ物です。





e0169130_20552978.jpg
16
チョコバナナの屋台です。
皮を剥いた生のバナナをチョコレートでコーティングしてから、色々トッピングした菓子です。





e0169130_20553852.jpg
17
ハッカパイプの屋台です。
値段は500円で、中身の詰め替えは200円のようです。

ハッカパイプとは、ソフトビニール製のキャラクターの容器に、
ハッカ味の砂糖を詰めて、吸い口から吸う物です。
吸い口は笛になっていて、中身が空になっても笛として使えます。^^







e0169130_17385569.jpg
18
様々な串焼きなどの屋台です。
帆立バター焼き、サザエの壷焼き、ハマグリ焼き、
サザエ串焼き、イイダコ串焼き、イカゲソ焼き等など沢山の種類があります。







e0169130_20555628.jpg
19
甘酒の屋台です。
「昔の味」、「上品な甘さ」等と書いてあります。





e0169130_2056486.jpg
20
1杯300円で、ちょっと高いですが、買ってみました。
去年飲んだ物より、甘さ控えめで、美味しかったです。^^




*******



動画も撮ってきました。




動画01: 浅草寺に初詣






動画02: 浅草寺の境内の屋台




*******



浅草寺の屋台は、色んなお店が沢山あって面白かったです。
浅草は気軽に日本的な雰囲気が楽しめるので、外国の方にもお勧めです。^^



(^x^) おしまい。

[PR]
by maniera | 2010-01-29 17:52 | photos
【浅草】 仲見世通り
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

お正月に東京都台東区浅草の 浅草寺に行って来たので、2回に分けて紹介します。
今回は 浅草寺の参道の商店街、仲見世通り(Nakamise Street)です。




e0169130_250462.jpg
01
隅田川を渡ると、吾妻橋(Azuma bashi)交差点に出ました。
左に見える東京メトロ浅草駅の出口の屋根が、お寺の屋根のようなデザインですね。






e0169130_251156.jpg
02
写真の左右に伸びる雷門通り(Kaminari-mon Street)も、
お正月の3が日は、歩行者天国になっています。






e0169130_2512678.jpg
03
雷門(Kaminari-mon)をくぐると、仲見世通りに入ります。
写真の大きな提灯の金色の部分には「松下電器(=Panasonic)と書いてあります。

雷門は、1865年に火事で消失した後、1960年に
松下電器の創業者、 松下幸之助の寄進で再建されました。






e0169130_2513788.jpg
04
仲見世通り(Nakamise Street)は、お寺に初詣に行く人達で、一杯です。
この約270mの長さの通りには、両側に商店が連なり、
歩いてゆくと、そのまま浅草寺の正面に辿り着きます。






e0169130_2515018.jpg
05
少し、仲見世のお店を見てみましょう。
こちらは、豆の専門店のようです。

砂糖豆、ウニ豆、わさび豆、かれいびんず(= curry beans)など、
色々な豆が売っていました。






e0169130_252286.jpg
06
多分、主に外国人観光客向けの 着物のお店だと思います。
黒い服は、子供用の "Ninja Suit Set"で、玩具の刀も付いています。^^;






e0169130_252274.jpg
07
扇子のお店です。入り口の方の物は 2000円程度ですが、店の奥に行くほど高くなるようです。
「食べ物を持った手で触らないで下さい」と張り紙がしてあります。^^






e0169130_252143.jpg
08
雷門から1/4程度進んだ所で、「ここが最後尾です」という案内看板が出ていて、
お寺の本堂まで行列になっているようです。
しかも、「現在、一方通行で戻れません」という、アナウンスが聞こえてきます。






e0169130_2524631.jpg
09
しばらく並んでいたのですが、殆ど進まないので、一旦
横道へ離脱して、辺りを見てみましょう。






e0169130_2525818.jpg
10
伝法院通り(Denbouin Street)の櫛のお店の前に門松がありました。
良く見かける斜めに切った竹ではなく、水平に切った竹が使われていました。

この付近で、他にも同様の 寸胴の門松を見かけました。
webで調べると、門松の先端は元々この形だったらしく、徳川家康が斜めにしたそうです。






e0169130_2531262.jpg
11
綺麗な反物が並んでいますね。

伝法院通り(Denbouin Street)は、数年前に景観整備事業が行われ、
商店街全体が江戸商家風のデザインに統一されています。





e0169130_253242.jpg
12
だんだん日が暮れてきました。
左の建物は、区立浅草公会堂です。






e0169130_2534220.jpg
13
浅草寺の西の公園本通りは、通称「ホッピー通り(Hoppy Street)」と呼ばれているようで、
このような居酒屋が沢山 軒を連ねています。

ホッピー(Hoppy)とは、ビールが高価だった1948年に発売された、
ビールに似た炭酸飲料で、焼酎で割って飲みます。








e0169130_2535630.jpg
14
通りに、昔の町人の格好をして、江戸時代の屋台を担いだ 饅頭売りのお兄さんがいました。
(饅頭=steamed bean-jam bun)

居酒屋で飲んでいた女性のお客さんが、「縁起を担ぐ!」と言って、
屋台を担ごうとしましたが、重くて殆ど持ち上がりませんでした。^^;






e0169130_254928.jpg
15
浅草では観光用の人力車を何台か見かけました。
料金は、30分貸切で、二人で8000円程度です。






e0169130_2542175.jpg
16
こちらでは、星型の手裏剣を投げるゲームをやっていました。
人が多くて、よく見えませんでしたが、かなり難しいようで、
殆どの人が的に刺さらないようでした。^^






e0169130_25437100.jpg
17
浅草花やしきの近くまで来ると、遊具のBeeタワーが見えました。
小さな家のようなゴンドラをワイヤーで吊り上げて回転します。

ぐるぐる高速回転するかと期待して見ていましたが、
実際はとてもゆっくり回転していました。^^;

「浅草花やしき」とは1853年に開園したレトロな遊園地です。
日本で現存する最古のローラーコースターがあるそうです。







e0169130_2551656.jpg
18
うろうろしていたら、道が分からなくなってアーケードに迷い込みました。

ひさご通り(Hisago Street)という下町の雰囲気のアーケードです。
祭り用品専門店や、すき焼きの老舗、米久(Yonekyu)本店などがありました。






e0169130_2553067.jpg
19
携帯電話のGPSを頼りに、仲見世通りに戻りました。^^

こちらは手焼き煎餅のお店で、お客さんの見ている前で焼いていました。
ガラスケースの中の煎餅は、5枚で500円と書いてあります。






e0169130_255454.jpg
20
こちらは、串ぬれおかきで、見た目は焼き鳥に似ています。
店の前の網で焼いていて、七味唐辛子をかけて食べます。

少し甘いしょうゆ味の、柔らかい煎餅で、なかなか美味しかったです。
意外に、外国人観光客にも人気があるようです。






e0169130_25604.jpg
21
綺麗な着物を着た女性が、揚げ饅頭を食べていますね。
仲見世通りの一番奥の方の揚げ饅頭のお店は、とても込み合っていました。
(饅頭=steamed bean-jam bun)

奥に見える赤い門は、浅草寺の中の
宝蔵門(Houozu-mon Gate)です。





***





日が暮れたら、少し空いてきたので、
次回は、いよいよ浅草寺の中に入ってみます。


(^x^)続く。


[PR]
by maniera | 2010-01-26 03:41 | photos
東京スカイツリーから隅田川へ。
(^x^)こんばんは。MANIERAです。
正月に、建設中の東京スカイツリー等を見てきたので紹介します。

東京スカイツリーとは、東京都墨田区 押上(Oshiage)で、
2008年に建設開始し、2012年に開業予定の、東京タワーに代わる電波塔です。

参考URL http://www.tokyo-skytree.jp/index.html



e0169130_222010.jpg
01
東京メトロの押上(Oshiage)駅で降車、A3の出口に出て、横を見ると、
いきなり大きな東京スカイツリーが見えました。






e0169130_223275.jpg
02
線路横の狭い道をタワーの方に歩いていくと、
東武伊勢崎線の業平橋(Narihirabashi)駅の方に近づきます。
塀の向こうは伊勢崎線の待避線のようで、特急電車が休んでいました。






e0169130_224547.jpg
03
塔は東武伊勢崎線の線路のすぐ近くに建てられているように見えます。
落下物を防ぐためなのか、線路を覆うように庇が伸びていますね。






e0169130_225562.jpg
04
周りに比較するものが無くて、大きさが良く分かりませんが、
クレーンの大きさから判断して、相当大きいようです。





e0169130_231316.jpg
05
北十間(Kitajikken)川に架かる橋の上に人が沢山集まっていますが..。






e0169130_234100.jpg
06
皆、橋の上から、タワーを眺めたり、写真を撮ったりしていました。
ここは 塔まで視界を遮る物が無いので、完成後も見物人が多くなるかもしれませんね。






e0169130_232458.jpg
07
完成時には、このように634mの高さになるそうです。
この日の高さは、まだ254mでした。

当初は610mの予定だったそうですが、634mに変更されたのは、東京近辺の昔の呼称「musashi」の
語呂合わせ(mu=6, sa=3, shi=4)も考慮されたらしいです。^^



***



そろそろタワーを後にして、ちょっと、浅草通りを隅田川の方に歩いてみましょう。






e0169130_21465257.jpg
08
少し歩くと、正月早々、交差点で、自動車が横転していました。
現場はあまり緊迫した感じではなかったので、人的被害は大した事がなかったようです。
皆さん、安全運転を心がけましょう。^^






e0169130_23411.jpg
09
飲食店の入り口だったかな?
黄色い蝋梅(Chimonanthus praecox)が 綺麗ですね。






e0169130_235295.jpg
10
道路に面した酒屋さん。
左下に青いスカイツリーの模型が見えます。
上の方は まだ建設中のようですね。^^






e0169130_24138.jpg
11
大きなお店や会社などの入り口には、正月の飾りの門松(kadomatsu)が立っていました。
価格をwebで調べると、この大きさだと、1set(左右)が、大体4万円前後するようですね。






e0169130_241397.jpg
12
商店街には、店の前に、このような松が飾られていました。






e0169130_242472.jpg
13
しばらく歩くと、ビルの陰から、金色の物体が見えてきました。






e0169130_243423.jpg
14
アサヒビール本部ビルの隣、スーパードライホールのオブジェ、
Flamme d'or (フランス語で、金の炎の意味)でした。
デザインは フランスの有名デザイナー、フィリップ スタルク(Philippe Starck)






e0169130_244612.jpg
15
一方、その向かいには、伝統的な佃煮専門店がありました。
1869年創業の 海老屋(Ebiya)総本店というお店のようです。






e0169130_245696.jpg
16
隅田川には、屋形船が浮かんでいました。
水色の橋は、駒形(Komagata)橋です。






e0169130_251861.jpg
17
吾妻(Azuma)橋の上で振り返ると、さっきのオブジェが良く見えました。
ちなみに、この橋は大きな車が通ると結構揺れました。^^;






e0169130_2563.jpg
18
吾妻(Azuma)橋の上に佇む外国人観光客。
ここは浅草駅から、すぐ近くの場所です。





という事で、次回は、浅草を紹介します。
(^x^)続く

[PR]
by maniera | 2010-01-14 22:36 | photos
神宮外苑の銀杏並木

(^x^)こんばんは。MANIERAです。

11月下旬に、東京都新宿区(一部は港区)にある
明治神宮外苑の 銀杏並木を見てきたので、紹介します。




e0169130_21255641.jpg
01
東京メトロ銀座線の青山1丁目駅から地上に出ました。
駅から、神宮外苑の方に向かう人が結構多かったです。






e0169130_21263956.jpg
02
途中で、FIAT SPACEと書かれたビルを発見。
中を見てみると...。






e0169130_21264993.jpg
03
沢山のオレンジの模様で装飾されたFiat500が置いてありました。
イタリアの家電メーカーDeLonghiとのコラボレーションのようです。

車は販売してないようですが、FIATのグッズが色々売っていました。
Fiat500のミニカーが安かったので、思わず衝動買い。^^;

こちらはイタリアの自動車メーカーFIATのアンテナショップで、
2階にはカフェもあるようです。
 http://fiatcaffe.jp/






e0169130_2127084.jpg
04
青山2丁目の交差点(T字路)に到着。
写真を撮っている人がいますね。

左右方向の道路が、国道246号線(青山通り)、
正面方向の並木道が、都道414号線になります。







e0169130_021788.jpg
05
有名な神宮外苑の いちょう並木です。
正面奥に見える建物は、聖徳(seitoku)絵画館です。

並木道は、手前から奥の方に、1mの下り勾配になっています。さらに、手前が一番高い木、
奥に行くに従って、段々低い木になるように植えられていて、遠近感を強調しているそうです。






e0169130_21272128.jpg
06
歩道から人々が溢れているようです。^^;






e0169130_21273253.jpg
07
並木の入り口で、柿を売っていました。

紙には 「甘い甘い柿 8個で300円」と 書いてあります。
小さい子供は、待ちきれないようです。^^






e0169130_21274256.jpg
08
こちらも人だかりがしていますが...。






e0169130_21275236.jpg
09
石焼芋でした。 とても美味しそうです。

丸のままではなくて、小さく切って売っているようです。
値段は見えなかったので不明です。






e0169130_2128450.jpg
10
並木の入り口では、小さい子供が落ち葉を集めては
空中に投げて遊んでいます。^^






e0169130_21281694.jpg
11
並木道の歩道は、この様な状態で、大変混雑しています。
奥の方へ進んでみましょう。





e0169130_2128287.jpg
12
綺麗な模様のベンチですね。
所々にベンチがあって、休むことが出来ます。







e0169130_21284041.jpg
13
いちょうの葉は丁度良い色に染まっています。
銀杏の木は、4年ごとに剪定作業を行って、円錐形の形を保っているそうです。






e0169130_21285239.jpg
14
歩道ではない木の間には、落ち葉が沢山積もっています。
こちらでも子供達が落ち葉で遊んでいました。






e0169130_2129185.jpg
15
カフェの前で記念写真を撮る人や、犬の散歩をする人も。






e0169130_21291219.jpg
16
そうする間も、カフェのパラソルには、落ち葉が降り積もります。






e0169130_21292310.jpg
17
説明によると、こちらの いちょうの木は、9m間隔で、全部で300本。
この場所には1923年に植えられ、当時は6m程度の高さだったそうです。

現在は樹齢も100年になり、大きい木は、高さ24m(目通り周り2.8m)
小さい木は、高さ17m(目通り周り1.8m)の大きさになっています。

解説 【目通り周り】
地面から1.2mの高さでの、樹木の幹まわりの周長のこと。




*****



毎年、11月下旬から12月上旬まで、いちょう祭りも行われています。
今回は見られませんでしたが、大道芸が行われたり、屋台も沢山出るそうです。

(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-12-24 17:37 | photos
国立新美術館に行ってきた。 sanpo
(^x^) こんばんは。MANIERAです。

少し前になりますが、東京都港区の国立新美術館に行ってきましたので紹介します。
撮影日:2009年8月中旬


【解説】
国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER,TOKYO)は、東京都港区にある美術館。
コレクションを持たずに、企画展や貸会場に特化している。 延床面積は47,960平方メートルで日本最大。
設計は、株式会社日本設計と黒川紀章。 2007年1月21日に開館。 
http://www.nact.jp/




e0169130_2333976.jpg
01
地下鉄の 東京メトロ千代田線(TokyoMetro ChiyodaLine)
乃木坂駅(Nogizaka station)の 6番出口のエスカレーターを上ると、
直接、美術館の裏側の敷地内に出ます。 正面が美術館の西の入り口です。
☆ 写真には写っていませんが、撮影場所のすぐ左に展示会のチケット売り場があります。





e0169130_234473.jpg
02
美術館の前面はガラス貼りで、大きな吹き抜けがあり、3階建てになっています。






e0169130_2341393.jpg
03
非常階段も綺麗ですね。






e0169130_2343652.jpg
04
場所は東京都港区六本木です。約500m先に、六本木ヒルズが見えます。
手前のジグザグの屋根は、工場ではなくて、国立政策研究大学院大学の校舎です。






e0169130_2344816.jpg
05
3階の通路です。写真の左が吹き抜けで、右に展示室があります。
展示室は、1階と2階に各3部屋、3階に1部屋あります。

フロアマップ
 http://www.nact.jp/floormap.html






e0169130_235383.jpg
06
壁を見ると、コンクリートブロックの間にゴムが挟んでありました。
地震対策かもしれません。






e0169130_2351494.jpg
07
3階の展示室では、書道の発表会が行われていました。入場無料です。

帰ってから調べたら、貞香(teikou)書展という、
誰でも出品できる、書道団体主催の公募展のようです。
http://www.teikokai.net/05.html






e0169130_2352612.jpg
08
3階のガラスの向こうに竹の生えた庭園が見えます。

庭園の左がアートライブラリーで、図録・研究書類を来館者が閲覧できます。
右側は研修室、庭園の奥は講堂になっています。






e0169130_2355026.jpg
09
3階から吹き抜けを見下ろしてみましょう。

左側のコンクリートの円錐の上は、フレンチレストラン
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ (Brasserie Paul Bocuse le Musee)」です。

http://www.hiramatsu.co.jp/restaurants/paulbocuse-musee/index.html
少々値段が高いようですが、お客さんが大勢いますね。




e0169130_23647.jpg
10
同じく3階から 右を見ると、もう一つコンクリートの円錐があり、
空中庭園のようなカフェになっています。
こちらは、そんなに混んでいないので、ちょっと午後のお茶にしてみましょう。






e0169130_2361896.jpg
11
少し、Terry Gilliamの映画「未来世紀ブラジル」の最後のシーンに似ていますね。

看板に VOGUE Cafeと書いてあります。
雑誌「VOGUE NIPPON」とのコラボレーション企画のようです。
http://www.vogue.co.jp/cafe/2009-09-28/access




e0169130_2363683.jpg
12
3人全員ケーキセットを頼みました。^^;

こちらのSpecial Cake Setの名前は、
 トロピカルムースケーキ、アップル&ローズヒップ セパレートティー です。
 (Tropical Mousse Cake, Apple & Rose Hip Separate Tea)
長い。^^;  値段は 1200円。






e0169130_2364954.jpg
13
こちらは、エクレアセット (Eclair Set)
エクレアは、このフォンダン(Fondant)
ショコラ(Chocolate)から選べます。
ナイフとフォークでいただきます。 800円。






e0169130_237150.jpg
14
私は、パウンドケーキセット(Pound Cake Set)
フロマージュ(CheeseCake)を選択。
800円。 美味。^^






e0169130_2371938.jpg
15
お茶も済んだので、1階に降りて、展示会を見てみましょう。
実は、今まで見て来た所は、全て入場無料で、
企画展を行っている展示室の中だけが有料です。






e0169130_2373269.jpg
16
この日は、企画展 「ルネ・ラリック生誕150年」を見に来ました。

ルネ・ラリック Rene Lalique(1860-1945)は、アール・ヌーヴォーのジュエリー制作者であり、
アール・デコのガラス工芸家でもあります。
国内外のコレクションから選ばれた約400点の作品を一堂に集めたそうです。

☆ 内部は撮影禁止なので、写真はありません。






e0169130_2374895.jpg
17
展示会場も結構広く、じっくりと見て、2時間半かかりました。

ポスターにもなっている見事なケシの花のコサージュや、宝飾品、ガラス工芸品など、
大量に展示されており、小さな作品が多くて、長い列になってなかなか見られない程で盛況でした。
特に、初期の宝飾品は精緻な細工と、高いデザイン性で、とても見事でした。






e0169130_2381090.jpg
18
1階のカフェで一休み。
この日は夏の日差しがガラス越しに強く照り付けていましたが、
陽に当たっても全然暑さを感じませんでした。 熱線をカットするガラスかもしれません。






e0169130_2382556.jpg
19
地下1階に、ミュージアムショップがあります。 
結構広くて、楽しい雑貨や、本、食器などが沢山ありました。






e0169130_2384098.jpg
20
そうこうする内に、18時の閉館の時間になったので、外に出ます。
正面のファサードは、全面ガラス貼りで、波のように大きくうねっています。






e0169130_2385242.jpg
21
上下方向にも丸みを帯びていて、ガラスの色も薄い緑色なので、
ちょっとサボテンのような雰囲気もあります。 左側は、国立新美術館の別館です。






e0169130_239591.jpg
22
国立新美術館の正門から外に出ました。
展示会のチケットは、建物に入る前に、右の黒いチケット売り場で購入します。
☆ 建物の中では購入できません。






e0169130_2391757.jpg

23

東京ミッドタウン(真ん中の建物)のサントリー美術館や、六本木ヒルズの森美術館にも
程近いので、美術館のはしごが出来そうです。^^






この展示会は現在、静岡県熱海市のMOA美術館で開催されています。
2009年9月15日(火)-11月23日(月・祝)
http://www.tokyo-np.co.jp/event/lalique/

興味のある方は、いかがでしょうか。






(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-10-09 18:06 | photos
【代官山】 スナップショット
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

前回の「ひまわりガーデン」の後に撮ったSnapshotsです。
散歩でもしているつもりで、ぼんやりと ご覧下さい。^^
撮影日は8月中旬です。




e0169130_3491931.jpg
01
駅から南西の方に歩いていきます。
中央に見えるのは、渋谷区清掃工場の煙突のようです。






e0169130_3493199.jpg
02
空色のバイクと空色のお店。






e0169130_349416.jpg
03
赤いベンチと絵の描かれた白い壁。
壁の向こうは東急東横線の線路です。






e0169130_3495397.jpg
04
古代の壁画のような落書き。






e0169130_350438.jpg
05
この線路の下をくぐって、駅の方に引き返してみます。






e0169130_3501543.jpg
06
蔦で覆われた建物。






e0169130_3502738.jpg
07
伸びすぎた葉っぱを切っているようですね。
右上の円柱は電柱ではなくて、消火器の入れ物です。






e0169130_3503638.jpg
08
白い積み木のような建物。






e0169130_3505098.jpg
09
電柱の落書き。 吸血鬼かも。^^






e0169130_351370.jpg
10
駅を通り過ぎて、ふと見上げると、
猫じゃらし(foxtail)が 光を浴びていました。






e0169130_3511563.jpg
11
少し陽が傾いてきましたね。






e0169130_3512520.jpg
12
ここの路地を入ってみましょう。
真ん中の低い建物は LE CORDON BLEUでした。






e0169130_3513548.jpg
13
可愛いお店。
Cath Kidstonの日本一号店のようです。
http://www.united-arrows.co.jp/cathkidston/






e0169130_351482.jpg
14
「マーキング禁止!」と書かれた小さなカード。
犬の飼い主向けかな..?   野良猫は、字は読めないですし..。 ^^






e0169130_3515746.jpg
15
住宅地の中にモダンなお店が。






e0169130_352771.jpg
16
お店の出窓。
未だ明るいのに、ここだけ夜のように見えますね。






e0169130_3521648.jpg
17
「象の耳」という揚げパンの移動式店舗。
注文してから 揚げてくれるようです。






e0169130_3522590.jpg
18
ふと 横を見ると、繋がれた犬と繋がれた三輪車が向き合っていました。^^






(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-09-09 19:13 | photos
【代官山】 ひまわりガーデン
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

先日、東京都渋谷区代官山(Daikanyama)に行った時に、
ひまわりが沢山咲いている所に遭遇したので、紹介します。
撮影は8月中旬です。




e0169130_2334582.jpg
01
東急東横線(Tokyu Toyoko Line)
代官山駅(Daikanyama Station)の正面口付近です。

強い日差しを避けて、カフェや木陰で人々が休んでいます。






e0169130_23341780.jpg
02
とても天気が良い日でした。
こちらのお母さんは、重装備で紫外線対策していますね。^^






e0169130_23342889.jpg
03
特に目的地も無いですが、駅前の坂を下ってみます。






e0169130_23343813.jpg
04
現在、渋谷駅から代官山駅の間で、
線路を地下に通す工事をしているようです。

空がとても青いですね。^^






e0169130_23345284.jpg
05
木々の白い花が陽に輝いています。

高い建物は、大規模複合施設「代官山アドレス」の住居棟です。
同潤会・渋谷アパートメントの跡地に建てられたそうです。


この場所から後ろを振り返ると....






e0169130_2335511.jpg
06
道路の中央分離帯のような部分に、フェンスで囲まれた区画があって、
中にひまわりが咲いていました。






e0169130_23352091.jpg
07
この場所は、「ひまわりガーデン代官山坂」と名付けられているようです。
7月27日から8月30日まで、10時から17時頃まで鑑賞できるそうです。

8月22日は「夕涼み会」が行われ、線香花火や、ヨーヨー釣りが行われたようです。






e0169130_23353412.jpg
08
カメラを持った人がいますね。
ひまわり畑の中に入っても良いようなので、ちょっと見てみましょう。






e0169130_23354751.jpg
09
細長くカーブする敷地に、ひまわりが延々咲いています。






e0169130_2336128.jpg
10
隅のテーブルの上に落書き帳が置いてあって、
「ご自由にお書き下さい」と書いてあります。






e0169130_2336141.jpg
11
何となく、ひまわりは太陽の方を向くものかと思っていましたが、
全部背中を向けていますね。^^;






e0169130_23362957.jpg
12
ひまわりは、花びらが長く伸びたものや、短く揃ったもの、
丈が大きく伸びたものや、小さくかわいいものまで、色々咲いていました。






e0169130_23364181.jpg
13
ひまわりガーデンは今年で4回目らしく、
5月の初旬に、参加費無料で種播きが行われたそうです。

開花前も、2週間おきに「お手入れ日」として、自分の植えたひまわりの
確認と手入れのために開放していたようです。






e0169130_23365539.jpg
14
ひまわりの根元には、各々植えた人のカードがあります。
子供の字で「元気に咲いてね」と書いてあります。 可愛いですね。^^

9月には、自分で育てたひまわりの種を持ち帰る事もできるそうです。






e0169130_2337730.jpg
15
次々に人が訪れては写真を撮っていました。






e0169130_23371837.jpg
16
街の中に現れた、全長100メートルのひまわり畑。
8月30日まで開放しているそうですので、
機会があったら、いかがでしょうか。^^





(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-08-26 23:55 | photos
【五島美術館】 6月の雨の庭園
(^x^)こんばんは。MANIERAです。
残暑の折、いかがお過ごしでしょうか。

6月の事ですが、東京都世田谷区の五島美術館(Gotoh Museum)に行ってきたので
紹介します。雨の写真で少し涼んでください。^^





e0169130_23361046.jpg
01
東急大井町線(Tokyu Oimachi Line)の 上野毛駅(Kaminoge Station)から、
5分ほど住宅街を歩くと、大きな木と塀が見えてきました。

交通量の多い環八通りの近くとは思えない静かさです。






e0169130_22504742.jpg
02
塀伝いに進むと、五島美術館の入り口に出ました。

五島美術館は、東急電鉄(Tokyu Corporation)という鉄道会社を事実上創業した実業家、
五島慶太(Keita GOTOH, 1882-1959)の 美術コレクションを
保存展示するために 1960年に設立されました。

http://www.gotoh-museum.or.jp/






e0169130_2251474.jpg
03
この日は 長崎県の平戸(Hirado)とオランダの通商400年を記念した、
「松浦家とオランダ残照」という企画展を見に来ました。

展示室は一部屋で、こじんまりした展示でしたが、
じっくり見ると100分位かかる内容の濃いもので、とても面白かったです。


撮影不可なので、展示の写真はありませんが、
外国人の服装や外国商館をカラーで緻密に描写した江戸期の巻物や、
妖怪などの絵もある随筆「甲子夜話(Kasshiyawa)」等が興味を引きました。

特に、松浦家に伝わる菓子の本、「百菓之図(Hyakka no zu)」は、昔の百種類もの菓子が
名前や製法と共にカラーで描かれていて、持って帰りたくなりました。^^

因みに先日「百菓之図」に描かれていた「カスドース」というお菓子が
TVで紹介されていて、とても美味しそうだったのですが、
平戸でしか売っていないようです。残念。
http://www.hirado-net.com/sweets/contents/9





e0169130_23392697.jpg
04
展示を見終わったので、庭園を見てみましょう。

美術館の入館料1000円で 庭園も見学できます。
庭園だけ見る場合は入園料100円で良いようです。
雨の日は出入り口に見える青と白の大きな傘を借りて散策できます。






e0169130_23393857.jpg
05
建物を出て、左の方に向かうと、小さな門がありました。






e0169130_23394976.jpg
06
石畳を歩いてゆくと、茶室とそれに付属する小さな庭がありました。






e0169130_234022.jpg
07
その先にもうひとつ見晴らしが良さそうな茶室がありました。
富士見亭(fujimitei)茶室というようです。
庭園の茶室は、茶会の用途に限って、借りる事ができるようです。






e0169130_23401663.jpg
08
井戸の上に、青竹で作った蓋が、かぶせてありました。
木々の間に灯篭や、地蔵(Jizo)などが点在します。






e0169130_23402940.jpg
09
庭の一角にアジサイが咲いていました。






e0169130_23403930.jpg
10
こちらは紫のアジサイ。






e0169130_23405329.jpg
11
斜面に、団子のような形に刈りこまれた木が植わっています。






e0169130_2341510.jpg
12
庭に置かれた鉢に 雨が落ちます。






e0169130_23411865.jpg
13
庭園は丘陵地帯に作られているようで、結構高低差があります。
写真の正面の方向に多摩川があります。






e0169130_23412896.jpg
14
階段を下りてくると、瓢箪のような形の池がありました。
この日は、雨が結構 降ったので、水が濁っていて、鯉が良く見えませんね。






e0169130_23413785.jpg
15
赤門が、緑の木々に映えます。






e0169130_23414898.jpg
16
湧き水が、竹の中を通って流れ出ています。
見ている間に流量が変わります。






e0169130_23415857.jpg
17
地蔵(Jizo)が並んでいます。
他にも何箇所も観音像や地蔵が並んでいました。






e0169130_2342891.jpg
18
下の門は大日如来(Dainichinyorai)洞の 山門(temple gate)です。
この写真の後方には、大日如来(Dainichinyorai)の像があって、
ちょうどこの写真は像が見下ろしているような視点です。
羊のような像が2頭 並んでいますが、他の場所にも2頭並んだ羊がいました。

45分くらいかけて、庭を一回りして、美術館を後にしました。






e0169130_23421816.jpg
19
雨はいつの間にか止みました。
美術館の外は、閑静な住宅街です。
とても大きな木もあって、緑が豊富ですね。






e0169130_23422712.jpg
20
美術館のすぐ横には、東急電鉄(Tokyu Corporation)の列車が走っていました。






(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-08-19 20:42 | photos
3月の秋葉原。
(^x^)こんばんは。MANIERAです。

3月上旬頃でしたが、某所での用事が終わった後、近くの
秋葉原を少し見て来たので紹介します。




e0169130_0572653.jpg
01
列車の後ろに見えるのは、ビル全体が肉料理の店、
「肉の万世(niku no mansei)」です。^^
http://www.niku-mansei.com





e0169130_0573747.jpg
02
線路をくぐると、万世橋の向こうは、秋葉原の街です。





e0169130_0574526.jpg
03
交差点で右を見ると、道路の上にも秋葉原駅のホームが見えますね。





e0169130_0575694.jpg
04
看板のオノデン(ONODEN)は1951年創業。
秋葉原でも最古参の家電量販店だそうです。






e0169130_058374.jpg
05
左のビルは、AKIHABARAゲーマーズ(Gamers)本店です。
アニメ、コミック、ゲームのお店です。





e0169130_0581310.jpg
06
店頭に人だかりが。
こちらはゲーム販売の メッセサンオー(MESSE SANOH)本店です。
某同人シューティング ゲームをプレイしているようです。
右上に、「ゆっくりしていってね!!!」 ^^





e0169130_0582054.jpg
07
この道路は「中央通り」で、以前は毎週日曜の昼間に、
歩行者天国が行われていましたが、
去年の事件以来、中止されたままです。





e0169130_0582729.jpg
08
秋葉原再開発計画で出来た、「秋葉原クロスフィールド」の中の 秋葉原UDXというビルです。

30店舗の飲食店、イベントスペース、ギャラリーや、
東京アニメセンター等の他に、企業のオフィスが入っています。
http://www.akiba-cross.jp/
http://www.udx-akibaichi.jp/





e0169130_0583472.jpg
09
秋葉原UDXの2F東側のデッキです。
緑色のイルミネーションが綺麗ですね。





e0169130_0584183.jpg
10
デッキからモダンなUDXの中を見ると、屋台のようなラーメン店。





e0169130_0584964.jpg
11
デッキからは、道路を挟んで秋葉原駅のホームが見えます。
女性の向こうにヨドバシカメラの建物が少し見えます。





e0169130_058552.jpg
12
駅の方に歩いてゆくと、「チョコレイト・ディスコ ♪」と、
歌が聞こえてきたので、振り返ると
UDXビルの大モニタでPerfumeが踊っていました。^^





e0169130_059163.jpg
13
正面がUDXビル、左はダイビル。
人が歩いている歩行者デッキは「アキバ・ブリッジ」で、
2006年のグッドデザイン賞を受賞したそうです。

右下に、先ほどの緑のイルミネーションが見えますね。






e0169130_059880.jpg
14
秋葉原駅の南側。 2007年に出来た LABI(ヤマダ電機)が見えますね。
以前は20時頃(?)で閉まる店が多かったような気がしますが、
今は22時くらいまで開いてる店もあるようです。






e0169130_059151.jpg
15
秋葉原駅の東に来ました。
ここは総武本線の線路の下ですが、コインパーキング式駐輪場がありますね。
2時間まで無料、24時間100円のようです。






e0169130_0592134.jpg
16
ヨドバシカメラ秋葉原店に着きました。
色々見ましたが、見るだけで満足して、
何も買わずに帰宅しました。^^;






(^x^)おしまい。

[PR]
by maniera | 2009-06-02 19:12 | photos


ブログパーツ
カテゴリ
全体
photos
news
enjoy_archives
    _【自転車でGO】
    _【コンビニおやつ】
    _【コンビニごはん】
    _【旅行記】
    _【グルメ】
未分類
タグ
(48)
(40)
(31)
(30)
(19)
(18)
(10)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
最新の記事
ブログを引っ越しました。
at 2010-12-05 03:37
夏の花 2010
at 2010-09-30 23:56
吉野家の牛鍋丼を食べてきた。
at 2010-09-08 01:24
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-31 23:50
【横浜 山手】 7つの洋館 ..
at 2010-08-21 01:50
【お知らせ】
■20101204
こちらのブログは、Googleのブログ、Bloggerへ引っ越しました。新URLはこちら>  http://blog-maniera.blogspot.com/


■20091129
2009年6月以降の記事は、「カテゴリ」を全てphotosにしています。
「タグ」や「以前の記事」をクリックすると、タイトル一覧が表示されるので、こちらの方が見易くなっています。


■20090526
enjoyの記事の再掲載は全て完了しました。これ以降は、オリジナルの記事を載せていきます。





Link
 kon's blog
 blade's blog ('-')v



Total: 無料・カウンター
Today:
Yesterday:
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧